FC2ブログ

¥ 5000 おじさん アゥー(ノT◇T)ノ ~【1万円】

貧乏リーマンの格闘

FC2カウンター

プロフィール

暁の繊月

Author:暁の繊月
画像アップ、やめました。
これからは、自転車などの趣味のブログになります。

でも、ヲタクは変わりません。

最新記事

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。

この人とブロともになる

暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の4 RAM編【エア自作2号機】

2014/05/06 11:35

前回の記事「暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の3 マザーボード編【エア自作2号機】

Intel系なら迷わず1号機の時と同様CFD「W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組]」を使うのがいいだろう。安定性抜群でXMPを利用しメモリを簡単にオーバークロック(OC)することもできます。メモリのOCはUEFI上で設定します。設定例の載っているブログを見つけたのでそちらを参考に載せておきます。「公安9課 ・【メモリ】CFD W3U1600HQ-4GをXMPを使い簡単にOCする方法」 (http://blog.livedoor.jp/katyou_get9/archives/20905516.html
私が、勉強している中ではIntelにするなら無理にRAMのOCを行わずとも定格で安定動作させた方が良いかと思います。ベンチマークのスコアは上がるが実際の体感速度は殆ど変わらないそうです。

CFD W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組]



AMD系も1号機の時と同様でADATA「AX3U2133W4G10-DR [DDR3 PC3-17000 4GB 2枚組]」を載せる、他に候補はキングストン「KHX24C11T2K2/8X [DDR3 PC3-19200 4GB 2枚組]」これはヒートシンクが大きいのでCPUクーラーを交換する時に干渉する可能性もあります。買うときは注意が必要ですね。
AMDの場合XMPとは言わずAMPと言う。やはり設定例と細かい解説が載っているブログ「Kb ・CFD elixir Heat sink W3U1600HQ-4G。安価でXMP対応のメモリ。手軽にOCの1866が設定可能。AMDマザーでも使えた。」(http://keyrg.jugem.jp/?eid=358)を紹介します。
逆にAMDならパーツの持てる力をフルに使ってみる。OCする事で内臓グラフィックスのパフォーマンスが上がるのだ。

ADATA AX3U2133W4G10-DR [DDR3 PC3-17000 4GB 2枚組]キングストン KHX24C11T2K2/8X [DDR3 PC3-19200 4GB 2枚組]


メモリに関しては8GB搭載。口コミ等をまとめると一般的な利用では、4GBでは少ないし16GBは余るだけとの意見が多い。
現在メモリの高騰と来年にはDDR3からDDR4メモリに切り替わるので今、余計に買うのは無駄なだけである。


暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の5 ストレージ編【エア自作2号機】へ続けます。



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の3 マザーボード編【エア自作2号機】

2014/05/03 11:59

前回の記事「暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の2 CPU編【エア自作2号機】

マザーボードを選ぶにあたって考えなければならない事はIntel CPUの場合グラボを載せるための予算を捻出させなければならないので極力低価格のものを選びたい、AMD APUならそこそこのゲーム用マザーを選んでも大丈夫?こうなるとAMDの方にもグラボ載せたいなと思うのですがコストが上がるということで搭載は考えていません。おそらくグラボを載せる事でパフォーマンスはIntelの圧勝だろう、しかしながらコストという壁が立ちはだかるので何ともいえないのも事実、AMDの方はゲームをやる上での環境の方を大事にしてあげたい。と言うのが今の私の心境だ・・・

目標金額は1万5千円以内で、ゲーミングを歌っているものを候補に後、オールラウンド系から1万円ぐらいのを選び考え行こう。


AMD系マザーボード
▲ASRock Fatal1ty FM2A88X+ Killer
ASRock Fatal1ty FM2A88X+ Killer
●特徴
・マザーボードの対応メモリは、DDR3 2600メモリをサポートしている。DDR3 2600で動作させるにはデュアルチャネルで動作させる事が前提になるようです。尚、DDR3 2600、DDR3 2400のメモリを使用する時は設定が必要となります。

・内蔵グラフィックスは、最大共有メモリ 2GBまで設定出来 トリプルモニターに対応しています。

・マルチGPUは、AMD、CrossFireXが使用できます。後、安価なグラボ1枚と内臓GPUで行うDual Graphicsもサポートされており段階的にパワーアップも図れる。

・Purity Sound による7.1 チャネル HD Audioオーディオファンも満足させると書いてあるがどうなのだろうか?

・オンラインゲームのためのネットワークを自動的に優先させるKiller E2200が搭載されている。



詳細はメーカーページ http://www.asrock.com/mb/AMD/Fatal1ty%20FM2A88X+%20Killer/index.jp.asp



▲MSI A88XM GAMING
MSI A88XM GAMING
●特徴
・MSIは「ミリタリークラス 4 コンポーネント」と言う温度変化や湿度などに強く悪環境下でも安定したシステム稼動が可能

・マザーボードの対応メモリは、DDR3 2400メモリをサポートしています。ASRockの「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」と比べると遊び心は少し下がってしまうがローコストマシン製作では枠外なので気にしなくても良い

・マルチGPUは、AMD、CrossFireXが使用可能。

・内蔵グラフィックスは、最大共有メモリ 2GBまで設定出来、トリプルモニターに対応しています。

・独立されてノイズ干渉が少なくなったオーディオブースト回路とサウンドブラスターシネマの臨場感でゲームを楽しむことが出来るとなっている。

・オンラインゲームのためのネットワークを自動的に優先させるKiller E2200が搭載されている。



詳細はメーカーページ http://jp.msi.com/product/mb/A88XM_GAMING.html#overview



Intel系マザーボード
▲ASRock Fatal1ty H87 Performance
このマザーは一通り詰まっているオールラウンドマザーです。低価格で人気も高い。
ASRock Fatal1ty H87 Performance
●特徴
・対応メモリは、Intelの公式同様DDR3 1600までとなっている。

・マルチGPUは、AMD、CrossFireXが使用可能。

・内蔵グラフィックは、最大共有メモリ 1792MBまで設定出来 トリプルモニターに対応しています。内蔵グラフィックスはAMDの方が充実していますね。

・Purity Sound による7.1 チャネル HD Audioオーディオファンも満足させると書いてあるがどうなのだろうか?



詳細はメーカーページ http://www.asrock.com/mb/Intel/Fatal1ty%20H87%20Performance/index.jp.asp



▲ASRock Fatal1ty B85 Killer
ASRock Fatal1ty FM2A88X+ Killer のLGA1150版で機能は変わらず
ASRock Fatal1ty B85 Killer
●特徴
・対応メモリは、Intelの公式同様DDR3 1600までとなっている。

・マルチGPUは、AMD、CrossFireXが使用可能。

・内蔵グラフィックは、最大共有メモリ 1792MBまで設定出来、トリプルモニターに対応しています。内蔵グラフィックはAMDの方が充実していますね。

・Purity Sound による7.1 チャネル HD Audioオーディオファンも満足させると書いてあるが同なのだろうか?

・オンラインゲームのためのネットワークを自動的に優先させるKiller E2200が搭載されている。



詳細はメーカーページ http://www.asrock.com/mb/Intel/Fatal1ty%20B85%20Killer/index.jp.asp



▲MSI B85-G43 GAMING
MSI A88XM GAMING のLGA1150版で機能は変わらずでも価格は随分変わります。
MSI B85-G43 GAMING
●特徴
・MSIは「ミリタリークラス 4 コンポーネント」と言う温度変化や湿度などに強く悪環境下でも安定したシステム稼動が可能

・対応メモリは、Intelの公式同様DDR3 1600までとなっている。

・マルチGPUは、AMD、CrossFireXが使用可能。

・内蔵グラフィックは、最大共有メモリ 1760MBまで設定出来、トリプルモニターに対応しています。

・独立されてノイズ干渉が少なくなったオーディオブースト回路とサウンドブラスターシネマの臨場感でゲームを楽しむことが出来るとなっている。

・オンラインゲームのためのネットワークを自動的に優先させるKiller E2200が搭載されている。



詳細はメーカーページ http://jp.msi.com/product/mb/B85G43_GAMING.html#overview

このクラスのマザーボードは、ASRock、MSI共に余り特徴に変化が無くオーデイオチップの好き好きやデザイン、ユーティリティソフトの使いやすさなど細かいところが選択の肝となるだろう。大きなところと言えば価格、購入する所とマザーによってでは5千円近くの差が出てしまう上手に購入した方がコスト削減に繋がる。

耐久性では、MSIに軍配があると思います。「ミリタリークラス 4 コンポーネント」の宣伝が数年前から押し出されていてMSIと言ったら「ミリタリー」だよねて頭に入っているくらいですます。ASRockは除湿機が付いていることでしょうか、前には押し出さずひっそりと付いていますよ的これもまた数年前から付いている機能だ設定しだいでシャットダウン後でも動き出すらしい。

オーバークロック(OC)機能は、これもMSIに「OCジニー4」により誰でも簡単にOC出来る面倒臭いと言う人もこれなら簡単にボタン一つで自動でOC、ローコストマシンの致命的なことは安いが故にここぞという時にパワーが出ずにゲームがフリーズそれをカバーするためOCする人は多いはず。ASRockの方は手動設定のようでライトユーザーにはレベルが高そうだ。

最後に、RAMディスク作成ツール、SSDの普及に伴い需要が高まっているのでツールとして供給されているのはありがたい。今回挙げたどのマザーでも付いています見当たらない場合はメーカーサイトでダウンロード。ASRockでは「XFast RAM」、MSIでは「コマンドセンター」と言うマザーボードの設定を行うソフトの中に入っている。

amazon価格一覧表
ASRock Fatal1ty FM2A88X+ KillerMSI A88XM GAMINGASRock Fatal1ty H87 PerformanceASRock Fatal1ty B85 KillerMSI B85-G43 GAMING


マザーボードの候補はMSI「B85-G43 GAMING」、MSI「A88XM GAMING」となりました。以外にAMDマザーは高かった。最初に掲げた思いとは違う結果が出ました。


暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の4 RAM編【エア自作2号機】に続けます


ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の2 CPU編【エア自作2号機】

2014/04/30 16:39

前回の記事 「暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の1【エア自作2号機】


予算が少しアップしたので1号機の時に出てきた「Intel Core i3 4330」と「AMD A10-6800K」に上位の「Core i5 4440」とAMDの新型kaveriコアを搭載した「A10-7850K」を候補に追加してみました。CPUに2万掛けると値段がかけ離れてしまうかな・・・・ 

品名Core i3 4330Core i5 4440A10-6800KA10-7850K
コア数
(スレッド)
2
(4)
444
CPUクロック
(ターボ時)
3.5GHz3.1GHz
(3.3GHz)
4.1GHz
(4.4GHz)
3.7GHz
(4.0GHz)
GPUHD4600HD4600HD 8670DR7
最大GPUクロック1150MHz1100MHz844MHz720MHz
TDP54W84W100W95W
対応メモリDDR3-1600×2DDR3-1600×2DDR3-2133DDR3-2133
対応ソケットLGA 1150LGA 1150Socket FM2Socket FM2+
3DMark Cloud Gate5,4576,0076,0487,036
3DMark11 Extreme365365458634
価格


2月に出たAMDのkaveriコア「A10-7850K」が気になるところだ。3Dベンチマークソフト「3DMark」のスコアは上に挙げた4CPUの中では一番良いが、不具合事例も多少出ています。まあ出たばかりと言う事でまだ落ち着くのに暫くかかりそうだ。事例としてはメモリーとの相性問題、帯域幅の大きいメモリDDR3-2400は特に多い、サポートしていると噂なっていましたがAMDのサイトで調べたら、DDR3-2133対応となっており正式サポートはしていないようです。
DDR3-2133は4枚挿しすると起動しないという報告があります。DDR3-1600だと問題が出ないそうですが、パフォーマンスを引き出すにはDDR3-2400やDDR3-2133を使用するしかないので買ってきて失敗したなんて事も。あと「A10-6800K」の方がCPU周りは高速と言う結果も出ています。そして今は一寸抵抗ありますねこの値段。2万円越えで買うならIntel「Core i5 4440」を買ったほうがかなり幸せになるかと・・・
そのIntel「Core i5 4440」は(Intelの場合は全般的にいえる)グラフィックスボードを別途用意しなければならないと言う欠点が有りますベンチマークを見てもらえばAMDより低いのがわかるように、ゲームをやるには厳しいスコアだ。もちろんAMDのA10でも単体グラボに比べたら低いのだが、どちらにせよ本格的にやるならグラボの増設パワーアップは必須となる。

一つ上のクラスでの事だがやはり安定した「Core i3 4330」や「A10-6800K」を使用したほうがコストや安定という意味で安全のようだ。


暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の3 マザーボード編【エア自作2号機】へ続けます



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の1【エア自作2号機】

2014/04/29 12:50

1号機を考えるにあたって、いくら後輩に安くお願いしますといわれても「う~ん、これじゃ厳しくない将来」と何度も思いました。削りに削ってコスト削減をしてみましたが。見るからにゲームやるにはDQ10以外は一寸厳しいんじゃないか?。DQ10だって飽きてしまうかも知れない、そのとき他のゲームが出来ないとなれば「パソコンなんて・・・」となってしまう特に初心者は、いくら安く使えても6万もの大金を払うんだし不満が出たら手に負えない。
パソコンのゲームいやソフト全体はちょっと一般のゲーム機とは違う、そのソフトが要求しているスペックを超えていても重い処理の時不具合が出てしまう。それを踏まえて2号機の仕様を考えて見ることにしました。

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の1【エア自作1号機】

 私は、現在ゲームをやっていないので大体どのあたりのスペックでどのような種類のゲームが出来るのかと言う事がピンとこないため色々と調査をしました。そうしたらMMORPGなら今の低スペックPCでも設定次第で遊ぶ事ができると言うことがわかりました。それならば1号機の仕様を少し底上げしてあげればよいのではないか。

参考: 1号機の仕様
パーツ部位メーカーパーツ名
CPUIntelCoer i3 4330
マザーボードMSIH81M-P33
RAMCFDW3U1600HQ-2G × 2 4GB
HDD東芝DT01ACA050 500GB
光学ドライブLG電子GH24NSB0
OSMicrosoftWindows8.1(64bit)
キーボードELECOMTK-FCM016WH/RS
マウスiBUFFALOBOMULLGA
ケースZALMANZ3 Plus
電源KEIANKT-450PS

欠点 その一
マザーボード、1号機では安いと言う所から何も考えずに決めてしまいましたが、もう少し気の利いたマザーボードを選ぼう此れでは事務機になってしまう。ゲームをやるには通信や音も重要になる。現在のマザーボードはこういった事までカバーしてくれているのだから、ゲーム特性を強化したマザーボードを選びたいですね。

欠点 その二
RAM、4GBではなく余裕を見て8GB積みたいです。RAMは多くても無駄だし少なくても処理に影響が出てしまう。

欠点 その三
ストレージ、1号機はHDDでマザーボード同様に値段で決めてしまいました。HDDは物によってもう少し速い物があるし、予算に余裕が出るのならSSDにしたいところだ。

欠点 その四
電源、此れも値段で選んでしまった物だせめて80PLUSの認定を受けているものにしたい。ゲームは長時間プレイするのが普通、そのまま寝てしまい目が覚めたら何時間もPCが付いている事は良くあることだ。寝ている間無駄に電気を使いすぎて電気代も馬鹿にならない少しでも省電力になれば気が楽というものだ。

他にも細かいところはあると思うがざっと挙げただけでも4つも出てしまっている。2号機は1号機と同じローコストな条件でもそれなりにゲームが出来るをターゲットにました。金額は若干高めになります。出来れば2月に新しいAPUがリリースされたAMD系パソコンを前に出してあげたいと考えています。


暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の2 CPU編【エア自作2号機】へ続けます



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。

仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:1

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の6 組み合わせ 編(最終回)【エア自作1号機】

2014/04/09 11:42

前回の記事「安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の5 補助記憶装置、その他 編【エア自作1号機】

まず、補足から依頼人はCPUにPentiumは嫌だそうだ、そもそも何なのだか分らない物と言う、しかもCeleronの方がメーカー製PCに搭載されているので知名度は高かった。あれだけ有名だったCPUが名前すら残って無い、20周年モデル出すそうだが世間は冷ややかだな。「計算する場所がCore i3は2つあるところを擬似的(HTの事)に4つにしていて一度に4つ計算出来るけどPentiumは擬似的にする技術が付いていないため2つしか計算が出来ないんだよ1つの計算では速さは同じぐらいだけど」と教えってあげたら「半分になってしまってはな。」だって値段はCore i3の6割なのでコスト削減に合っていると思うが・・・
そんな訳で「Core i3」を選択することに、その中でもコストパフォーマンスが良い4330に決定見積もり以下のようになりました。

エア自作1号機 見積もり
パーツ部位メーカーパーツ名参考価格
(amazon 2014年4月7日調べ)
CPUIntelCore i3 4330¥14,666
マザーボードMSIH81M-P33¥  5,076
RAMCFDW3U1600HQ-2G×2 (4GB)¥ 5,731
HDD東芝DT01ACA050 500GB¥ 5,600
光学ドライブLG電子GH24NSB0¥ 2,109
OSMicrosoftWindows8.1(64bit)¥12,138 
キーボードELECOMTK-FCM016WH/RS¥  500
マウスiBUFFFALOBOMULLGA¥  455
ケースZALMANZ3 Plus¥ 4,590
電源KEIANKT-450PS¥ 2,436
価格小計¥53,291
ディスプレイBen QG615HDPL¥ 8,044
価格合計¥61,335


5万円台に何とか入るかと思ったが6万円超えてしまった。やっぱりディスプレイ購入は大きいい。

このマシンが次パワーアップするならSSDの購入するのが最大のパワーアップとなる。HDDの読み書きの遅さはダイレクトに処理の遅延に繋がるSSDを追加することによって体感速度が桁外れに変わるのが良いです。次にRAM、「RAM編」でも8GB載せたいと書いたが現在の運用で4GBというのは最低水準、8GBにしてCPUとのやり取りをスムーズに行わせた方が全体的にカク付やプチフリがなくなる。

では、同クラスのメーカーPCと対比してみよう参考価格は2014年4月7日調べで価格.com最安値で調べています。尚序盤にノートPCを参考に出しましたが比較にならないのでデスクトップとの対比となります。

メーカーHPiiyamaNEC
品名Pavilion 500-240jp/CT
カスタムモデル
(モニター無し
)
MN5010-i3-IXB-KK
価格.com限定モデル
(モニター無し)

VALUESTAR L
VL150/NSW PC-VL150NSW
(モニター付)
主な仕様Core i3 4130
4GB(最大16GB)
500GB
DVDマルチドライブ
Core i3 4130
4GB
500GB
DVDマルチドライブ
Core i3 4130
4GB(最大32GB)
1TB
DVDマルチドライブ
19インチ
価格¥ 51,408¥ 52,899¥108,982


対比した結果、本体のみならばHPやIIYAMAのメーカー製品と価格は変わらず。拡張性はメモリ、拡張スロットとも十分な増設が可能なメーカー製が有利。今回の自作は、CPUが1ランク上なので多少の重たい作業もメーカー製品よりスムーズだと思う。
モニター付なら今回の自作PCの方が確実に安価に運用できます。拡張性ではNEC VALUESTAR Lは抜群に良いがそこまで拡張性を重視する人は居ないだろうモニターは19インチだが自作なら更に8000円ぶっ足して23インチが買えます。後はオフィスソフトが付いていますが別に無くても通常は必要ないはずだ。(拡張スロットはメーカーページで調査)

「メーカー製品の方が安い」というのを最近良く聞きますがそれは噂なのだろうか?ただ作るのが皆面倒になってしまったからなのだろうか手間と情報集めは時間も掛かるしお金も多少なり掛かる、それとも今回はたまたまなのか?他のクラスで試してみる価値があるかもしれない。


結局、後輩は自作はやらないそうだ。6万近くも予算が無いと言っていた。ノートPCに行くのかどうかは分らないが。私一人で随分遊ばせてもらいましたしブログの方向性を貰ったような気がしますパソコンのブログなのにどうしても良い記事を伝えられないのがどうも引っかかっていました。次の2号機は今回の事を踏まえて私なりのローコストゲーミングマシンを考えて見ようと思います。



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の5 補助記憶装置、その他 編【エア自作1号機】

2014/04/05 23:05

前回の記事「安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の4 RAM編【エア自作1号機】

ストレージは、できればSSDとHDDのコンボで作った方がキビキビ動くのでそうしたいけれどHDDだけで今回は我慢、いずれは欲しくなるんだろうけれどそのとき載せればいいよね。

HDDは・・・
東芝「DT01ACA050 [500GB SATA600 7200]」を薦める事にしました。理由としては、安いからなんだけど;
まあ500GBもあれば暫く遊んでいられるだろうしパワーアップ考え出したらSSD買ってOSはSSDにHDDはデータ用にすれば理想的な形になる。



光学ドライブは動けばいいのでLG電子のDVDスーパーマルチドライブ「GH24NSB0」、ブルーレイにしたいところだが光学ドライブは最初のインストール時こそ活躍するが常用では余り出番が無いコスト抑えるためにDVDとした。



ケースと電源については量販店の自作コーナーから買った方が安いためそちらから選んでもらう事にしました。今回はATXケースを薦めます。大は小を兼ねるため小さいマザーは大きいケースにわちゃんと入るんだよね。
しかし、ケースは長寿命のパーツ。自分が変えようと思わない限り買わない物ちょっとぐらいお金出してメンテナンスのしやすく見た目も良いケースを選んで欲しいと思う。

とりあえず、ブログとしては味気ないので。私の気に入ったケース候補です。コストパフォーマンスが非常に硬いZ3 Plusを押すが、後は高い買い物になる、でもこのぐらいは欲しい所だ。
ZALMAN Z3 PlusLIANLI Challenger7CORSAIR Obsidian 750D CC-9011035-WW
 


電源は、ケースに付属しているのもありますが付いていないのが多いです。カスタマイズの関係で別々の方が良いという意味で安価と言う訳には行きません今回のPCは消費電力がそんなに必要じゃないのでどれを買っても問題ないかと思いますが。後で流用したりパワーアップしたいとなった時、電力不足で動かないなんてこともある(脱線しますが電力トラブルは発見が非常に大変です)ので長く使うのならそこそこのが必要となります。ケースと同様私の気に入った候補を挙げて置きます。選択ポイントは、電力変換効率と価格で選びました。玄人志向 KRPW-PT500W/92+を薦めたいところだが・・・

メーカー 品名KEIAN KT-450PS玄人志向 KRPW-PT500W/92+玄人志向 KRPW-GP650W/90+
最大出力(W)450 W500W650W
amazon

 
 
ディスプレイ
初めてなのでPCばかりではなくディスプレイも必要となってくる。これはTVで代用できると言ったが家族の目と言うのもあり出来れば必要との事だ確か低価格で8千円ぐらいのもあったような気がするがこれは完全に予算オーバーの気がするぞ。
最近のメーカーPCは画面も大きく20インチ超え解像度も1920×1080はざらだ。これに対抗するには23インチクラスじゃないと初めての人は納得しないだろうな。
上手に買い足して行くなら今は安いの買って行く行くはメインディスプレイを手に入れ今度のはサブモニターとして使って行くのも一つの案だが。

お勧めディスプレイ
BenQ G615HDPL [15.6インチ ブラック]


これ超ー安い、本当に8千円だ。入力端子がアナログ1系統と言うのも。安かろう悪かろうの代名詞にならなきゃ良いが。価格comレビュー等では値段相応の意見が多い商品だが良い評価が出ているのも以外である。


ASUS VG248QE [24インチ]


安価なゲーミングモニター、応答速度が1ms(GtoG)とすばらしい、豊富な入力端子が便利据え置き型のゲーム機繋いでも良いです。


LGエレクトロニクス FLATRON 23EN43V-B [23インチ]


枚数増やすなら無難かも3台買っても5万円以下は嬉しい、一度マルチモニターにしたら抜け出せない


OS
構成からWindows8.1の64ビット DSP版




キーボード、マウス
その辺の安物で良いのでは、無線にしたいと言うかと思ったがそれは言わなかったので一安心。正直自作PCは有線デバイスの方がトラブル起こした時対応しやすい、なので一個は持っておこう

ELECOM キーボード USB&PS/2接続 メンブレン式 日本語109キー Wii/プレステ3対応 RoHS指令準拠 ホワイト TK-FCM016WH/RS



iBUFFALO 光学式有線マウス USB接続 Lサイズ 白箱 RoHS対応 ライトグレー BOMULLGA



iBUFFALO 無線(2.4GHz)光学式マウス 3ボタンタイプ ブラック BSMOW10BK


無線マウスが1000円切る価格で売っているなんてビックリした。

いよいよ次回は、組み合わせだ!どのぐらい低価格で出来るか私もワクワクします。



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の4 RAM編【エア自作1号機】

2014/04/01 21:39

前回の記事 「安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の3 マザーボードを選ぼう【エア自作1号機】

メモリーは、正直8GB搭載を薦めています。内臓グラフィックを使うと多少なりとメモリを占有するので余裕を見てそのぐらいはあっても失敗は無い、後マザーボードがmATXでメモリースロットが2つしかないこともあり後で増やす事ができないから多めの方が安心だ。メモリは以外に使いまわしの利くパーツで出来ればバルク品より永久保証の付いている箱入り娘(パッケージ品)を薦めます。そういう私も何度か不具合で交換してもらっているのだ。

根強い人気のCFD「W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組]」8GB これ私も使っているし、でも予算の壁がと言うと思うのでこいつの弟分 4GB のCDF「W3U1600HQ-2G (DDR3 PC3-12800 2GB 2枚組)」この二つを候補にしたい。

CFD W3U1600HQ-4G (DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組)


CFD W3U1600HQ-2G (DDR3 PC3-12800 2GB 2枚組)



ちょっとお金有りだったりAMD APU A-10 6800Kを使用するなら ADATA「AX3U2133W4G10-DR [DDR3 PC3-17000 4GB 2枚組]」8GB を薦めます。マザーのところでも触れていますが、AMDのA-10はPC-2133対応APUなのでパフォーマンスを最大限に引き出したければ此方を選ぼう。またIntel CPUでも何れPC-2133対応になっていくはず。長い目で見ると得します。

ADATA AX3U2133W4G10-DR [DDR3-2133(PC3-17000) 4GB×2(8GB)]


安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の5 補助記憶装置、その他 編【エア自作1号機】へ続けます。



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の3 マザーボードを選ぼう【エア自作1号機】

2014/03/28 11:38

前回の記事 「安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の2 CPUの候補【エア自作1号機】」 

マザーボードを選ぼうここは何も考えず安ければ拡張性やOC等も出来なくていいとの事なのでIntel CPUの方は直に決まったASUS「H81M-E」かMSI「H81M-P33」価格comランキングも高いため薦めやすい

AMDは安いマザーが少ない・・・。
さっと見てASRockの「FM2A55M-VG3+」が安値ではあるが良く調べると、A8-6600Kを使用する分には良いがA10-6800Kを使うとなるとメモリのサポート外となってしまう、「FM2A55M-VG3+」の対応メモリでもA10-6800Kは使えるが本来のパワーは発揮できない。モニター出力もD-Subだけとなってしまうのでボツと言う事にした。他のマザーはちょっと割高ではあるが同じメーカーの「FM2A55 Pro+」これならA10-6800KとDDR3-2133のメモリを使えるが・・・
AMD APUは高クロックメモリを有効に使いグラフィックス性能を上げているためメモリも割高になってしまうので依頼人の条件「安く」から外れていってしまう。

以上のことから、Intel系を薦めることにした。

ASUSTek mATX マザーボード H81M-E
ASUS_H81M-E

黒と黄色のコントラストがカッコイイ、マザーボードだ拡張スロット「PCI-Express 16X」が1本、「PCI-Express 1X」が2本と拡張性は意外とあるようだサウンドカードやTVチューナーカードを後から追加してAVマシンに転用出来て暫く使っている事も可能だろう。

メーカー仕様




MSI mATX マザーボード H81M-P33
MSI_h81m-p33
ASUS「H81M-E」との違いは、「PCI-Express 1X」が1本と言う事だ。わずか数百円の違いで転用できず短命で終わりそうな感じもする。例えばTV録画マシンからオーデイオマシンに鞍替えするときはTV録画を完全に諦めなければならない。しかし使いようが決まっているなら完全にコスト抑えられてこちらでもいいかもしれない。

メーカー仕様





AMD使うならこれで1品決まり
ASRock FM2A55 ATX FM2A55 Pro+
ASRock FM2A55 Pro+

これだけは、上の2枚と違いATX仕様です。自作PCの中で一番普及している形です。あとでパワーアップするための拡張性が十分に摂られていて初めて組むならこのサイズがベストでしょう。
AMDのCPUソケットは長く設計を変えないため暫く使っている事も出来ると言うのが利点、尚、A-10はCoer i5の対抗APUなので今回の条件の中ではハイスペックになります。しかし同型のマザーボードと比べるとメモリーが半分しか載らずとか細かいところでコストカットされている板です。本格的にやるなら基礎にするという意味で薦められる。

メーカー仕様




安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の4 RAM編【エア自作1号機】へ続けます



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の2 CPUの候補【エア自作1号機】

2014/03/22 14:40

前回の記事 「安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の1【エア自作1号機】

無難なCPUを探そう、目標はIntel Core i3-4130T
参考: Intel Core i3-4130T の性能
 コア数
(スレッド)
2
(4)
CPUクロック2.9GHz
GPUHD4400
最大GPUクロック1150MHz
TDP35W
価格

より上のクラスで価格1万5000円ぐらいにと言う条件で探してみる。
「Haswell」Core i3だと殆ど有効範囲内だ。とりあえず金云々言っているので「Core i3 4130 BOX」か「Core i3 4330 BOX」 を

個人的にはCore i3 の最上位「Core i3 4340 BOX」を押したいところだが、100MHz上がっただけで数千円上がるのは良くない。

参考: Intel Core i3 4340の性能 
コア数   
(スレッド)
2
(4)
CPUクロック3.6GHz
GPUHD4600
最大GPUクロック1150MHz
TDP54W
価格


AMDはA10-6800K BOX、A8-6600K BOXを候補にしてみた。

また、Intel Pentium G3420でも何とか出来そうな感じするんだけれども拒否られそうだがこれも候補に。
価格は半分ぐらいなのでこれにしてくれると助かるんだけど・・・

AMD APUの参考はDQ10ベンチマークスレッドで快適と言われている「A8-5550M」を基準にしてみました。調べていると意外と安価に手に入る「A10-6800K」にビックリ、私も欲しくなりそうだ。

内臓グラフィックスはIntel HD4400でもいけるとの情報を得ているので、内臓グラフィックスでIntelを抜きに出ているAMDは問題ないだろう


品名Core i3 4130Core i3 4330A10-6800KA8-6600KPentium G3420
コア数
(スレッド)
2
(4)
2
(4)
4
(4)
4
(4)
2
(2)
CPUクロック
(ターボ時)
3.4GHz3.5GHz4.1GHz
(4.4GHz)
3.9GHz
(4.2GHz)
3.2GHz
GPUHD4400HD4600HD 8670DHD 8570DHD Graphics
最大GPUクロック1150MHz1150MHz844 MHz844 MHz1150MHz
TDP54W54W100W100W54W
価格


AMD A-10 6800Kは、amazon価格だと高いですね。調べる時は価格comへ行ってしまうので・・・

候補が決まったところでCPU決定は後回し。マザーの方を見ておかないと予算オーバーになりかねないのでそれからだ、相手は初心者なのでかなり絞ってあげないと「もう、十分です」と断られてしまいそうなので

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の3 マザーボードを選ぼう【エア自作1号機】へ続けます



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の1【エア自作1号機】

2014/03/19 22:09


話題はなんとも変わったところから出てくるものだ。
会社の後輩が出来るだけ安いPCを自作したいと話を持ちかけてきたのだ。
出来ているPCの方が安いと思ったが、そこは自作erの血が騒ぐ


で、どの程度のPCが欲しいのかと聞くと「安ければ良い」と・・・
感心できない声が、予算が無いのは分るが作ってからガッカリさせたく無い。


(「よければ俺のやるか?2006年製のローコストマシンだけどネットと事務系ソフトやエロゲーぐらいなら問題ないぞ」と言ってもいらないと断られるのがおちだし)


せめて、自作するなら目的考えて組まないと金食い虫に化けるだけでいいこと無いよ。
たまにオンラインゲームやってみたいとか言っているけど、ゲームは必ずやるよね、じゃDQ10動くくらいで見積もり計算してみるか?DQ10ならそんなにハイスペック要らないらしいから。


「なんか大変じゃないですか?」
(いや、見積もりやら無いと実現出来ないだろう)

「気にするな」
(俺は、それが趣味だから全くもって苦じゃないの寧ろ楽しみなの)


半ば強引に引き受けてみましたが、どんなのができるのだろうか主要パーツだけなら相当安く出来るだろうけれど自作初めてだし色々買わなければならないだろうから必ず高くなるはずだ。自作は2代目からは安くハイパフォーマンスになれるメリットがあるんだけど初代は大きな壁だな。そう言う私も初めてのときは全部そろえるのに24、5万掛かったな十数年も前の事だが、それに比べれば今は高いと言っても半分以下だよね(一人で懐かしんでみる)・・・


さて、情報を集めなきゃならないな


まずゲームの仕様を探りたいので「DQ10 スペック」とか「ドラクエ10」で探してみたら「ピリオドの彼方に」と言うブログでいい情報を得ました。安価なノートPC ASUS 202Eでも何とか動くと言う事だ。

参考までに「ピリオドの彼方に」の記事へのリンク張っておきます。
・PC版DQ10用のノートパソコンを探してみた
http://period.ek-pro.com/article/73328052.html

・ASUS 202Eを買った(ドラクエ10用パソコンとして)
http://period.ek-pro.com/article/74094240.html

ASUS 202Eの主な仕様
CPUCore i3 3217U(Ivy Bridge) 1.8GHz/2コア(4スレッド)
メモリDDR3 PC3-10600 4GB
ビデオチップIntel HD Graphics 4000
HDD容量500 GB
OSWindows 8 64bit

これでも何とかなるならディスクトップのパーツなら余裕でいけるな。もう一つぐらい参考値が欲しい所、こんどは「ドラクエ推奨パソコン」で検索したらそのままドラクエ推奨パソコンというサイトに・・・色々なPCがありますね。ここからスペックを抜き出す。HPの「Pavilion 22-h040jp/CT TouchSmart」と言うディスプレイ一体型を見つけた丁寧にドラクエのベンチマークも載っている。スコアは「5112」快適と言う数値だ。

記事へのリンク張っておきます。
http://dq10-pc.com/search/?agreeable=1&minp=-&maxp=-&shop=-&pageID=1

HP Pavilion 22-h040jp/CT TouchSmart
CPUCore i3 4130T(Haswell) 2.9GHz/2コア(4スレッド)
メモリDDR3 PC3-12800 8GB
ビデオチップIntel HD Graphics 4400
HDD容量500 GB
OSWindows 8.1 64bit

HPの方が実現しやすい位置にいるのでこれを元に選んで行こうと思います。

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の2 CPUの候補【エア自作1号機】 へ続けます

Windows用ドラクエ10
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン 無料体験版[ダウンロード]

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン [ダウンロード]ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン [ダウンロード]



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
仮想自作PCパーツ研究所トラックバック:0コメント:0

検索フォーム

画像サイト

画像を求めてき皆様へ「救済」せめて、お気に入りの画像が手に入るようにお手伝い


二次画像サイト

pixiv系の画像アップサイト


二次系イラストと壁紙をすべての人に!

ゲーム系の画像アップサイト


Konachan.com


写真・壁紙サイト

カッコイイPC用壁紙が手に入るぜ


Wallpaper Studio 10


変換ウェブサイト

このファイル良いんだけど小さ過ぎ、そんな痒い所に手が届く便利サイトを紹介します。


画像アップスケーリング

こういうブログやっていると結構多様させてもらっているサイトです。高画質に拡大してくれます。(大きさに制限はあります)


waifu2x

MP3の音量を上げる

音楽ファイルをプレイリストに入れて聴いていると、たまに小さい音の曲がある。その音量を大きくしてくれるウェブサイトだ。


MP3 Louder