fc2ブログ

記事一覧

Raspberry Pi Pico 回路を組んでⅬチカ

やっと動きやすい季節になりました

自転車の季節

2年前まではオールシーズンだったのにね

しかし暑くて今年は動く気にはなれなかったな

折角もらったエアロバイクも乗らず

意外と汗かくんだよねあれ

扇風機とエアコンは必需品

30分ぐらいのためにエアコン使うのも気が引けて乗らなかったんだ

そうしたら、持病の糖が下がりません

先生には薬増やすかと言われ、立場がない状態がここ4か月

糖尿で怖いのは未来の病気より低血糖なんだよね

自転車やってる人なら聞いたことあるだろうけどハンガーノックの事です

今、飲んでいる薬は吸収を抑える薬だけなので低血糖にはならないんだけど

増やされるとリスクが高くなる

低血糖になると急死につながりやすい

薬が増えれば金もかかるしマジで勘弁だ

誰もいない山の中で孤独死なんて嫌、絶対

と、言う訳で薬断り続けています

でも、気にはしているぞ

糖分をなるべく減らしてみようと思い現在頑張っています



さて、長くなってしまうので「Raspberry Pi Pico」行ってみますかね

前回のブログで抵抗の事やったんですけど後から思い込みと書き忘れがあり

後半部分を書き直しました。興味のある方はまた読み直してみると良いです

今回のⅬチカは、2回目ともありカラフルに仕上げました

4色のLEDを光らせるものになりました

回路を組んでⅬチカ01


回路を組んでⅬチカ02


部品はSunFounderのキッドに入ってたのだけで

ブレットボード
LED・・・・・・・4つ(色違い)
抵抗・・・・・・・100Ω × 2(青、緑用) 、 330Ω × 2(赤、黄用)
ジャンパー線・・・5本


回路を組んでⅬチカ03

抵抗の選択は前回ブログに上げた「秋月電子通商」さんの計算アプリで行いました
https://akizukidenshi.com/catalog/contents1/led-r-calc.aspx
プログラムの勉強のため自分で作るのもいいかもしれないが

LEDのデーターシートは、イマイチSunFounderのチュートリアルではわかりずらかったので
LEDだけセット売りになっている物があったのでデータはだいぶ違うけどそちらを使いました
流石にキッドだけ中身違うなんてことはないだろうと安易な考えで


計算するとこんな感じになりました325Ω、75Ωこんなぴったりな抵抗は無いので
これより大きくて一番近いのを選んだ訳です


観れるように配線するのは難しい
初めてブレットボードに部品を差し込むのですが
スペースって意外に無いもので少し配置しただけで窮屈に感じます
レベルが上がるにあたってブレットボードも継ぎ足さなければならなさそうです
電子工作やって思ったことは部品が安いってこと気軽に買い足せる

回路を組んでⅬチカ04

ブレットボードは両端の+-はそれぞれ横一直線で繋がっていて
それ以外は縦一列に繋がっています
もちろん真ん中は繋がっていません
接触が悪く最初はLEDが点かずに何が悪いのかわからなかったが
配線をゴニョゴニョしてるうちに点いてくれた

GND側から挿し直すと良いかも
GNDは最終的に一つになって戻っていくので
全く機能しなかった今回のトラブルには効果的なのかもね

プログラムの方も外へ出力するので勝手が違う
内臓のLED光らせたくらいでは「Hello World」にもならない
ラズパイは40のピンが出ていますが全てが自由に使えるわけではなく
GPIOと呼ばれるものだけがⅬチカに使えます
ピンの番号ではなくGPIOの番号をプログラムに入れないと
思うように電気が流れてくれません

最初はピンの番号をプログラムに入れて「あれ?動かねえ」となってしまいました
全灯点滅と順送りで点灯させる2種類をやって見ました
一度つけば後はあっさり出来てしまい「狐につままれた」感じです
今まで抵抗がとか見れるように回路作るのめんどくせぇなどと
うじうじ悩んでいたのがウソのようだ
もう少し当たって砕けろ精神が必要だな

次はこれにスイッチでもつけてみようかな
ラズパイpicoは単独で動かないと面白くないよね


最後にプログラム載せておきます
全灯点滅

from machine import Pin
import utime

led1 = machine.Pin(10, machine.Pin.OUT)
led2 = machine.Pin(11, machine.Pin.OUT)
led3 = machine.Pin(12, machine.Pin.OUT)
led4 = machine.Pin(13, machine.Pin.OUT)
while True:
led1.value(1)
led2.value(1)
led3.value(1)
led4.value(1)
utime.sleep(0.5)
led1.value(0)
led2.value(0)
led3.value(0)
led4.value(0)
utime.sleep(0.5)

順送りで点灯

from machine import Pin
import utime

led1 = machine.Pin(10, machine.Pin.OUT)
led2 = machine.Pin(11, machine.Pin.OUT)
led3 = machine.Pin(12, machine.Pin.OUT)
led4 = machine.Pin(13, machine.Pin.OUT)
while True:
led1.value(1)
led2.value(0)
led3.value(0)
led4.value(0)
utime.sleep(0.5)
led1.value(0)
led2.value(1)
led3.value(0)
led4.value(0)
utime.sleep(0.5)
led1.value(0)
led2.value(0)
led3.value(1)
led4.value(0)
utime.sleep(0.5)
led1.value(0)
led2.value(0)
led3.value(0)
led4.value(1)
utime.sleep(0.5)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

繊月

Author:繊月
自転車ブログとPCパーツ情報を主にやっています。
交互に記事上げれれば良いなと思っています。

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。