FC2ブログ

記事一覧

AMDのGPU Radeon RX 6800 XTと6800 まとめ 価格比較

11月に発売になった Radeon RX 6800 XTと6800なかなか出てきませんね1,2ヵ月待や入荷未定です。
折角のAMD追い風モードなのに、この状況では

さて、簡単に比較と新機能SAMを纏めてみました。

RX 6800
・ベンチマーク
最近、発表された7製品を3D MARKで比べる。※用語については「3D MARK の見方について」を読んでください

DirectX11環境のベンチマーク「3D MARK Fire Strike」
2020-12_3DMark-Fire Strike RX6800XTRX6800

グラフが長い方 Fire Strike 無印  解像度:1920×1080  
フルHD環境で、RX 6800 XTはライバルRTX 3090を少し上回っている。RX 6800はライバルRTX 3080に一歩及ばずと言う結果に。

グラフが短い方 Fire Strike Ultra 解像度:3860×2160
4K環境では、RX 6800 XT、RX 6800共にGeForceに一歩及ばず。



DirectX12環境のベンチマーク「3D MARK Time Spy」
2020-12_3DMark-Time SpyRX6800XTRX6800

グラフが長い方 Time Spy 無印  解像度:2560×1440
ライバルがグレードダウンRTX3080といい勝負しています。 RX 6800はRTX 3080とRTX 3070の間に入る感じですね。  

グラフが短い方 Time Spy Extreme 解像度:3860×2160
こちらも、同様


レイトレーシングの性能「3D MARK Port Royal」
2020-12_3DMark-Port RoyalRX6800XTRX6800


Radeonは、DirectX12環境。レイトレーシングでは少し弱いのが出てしまうようです。


数値は、「Impress Watch」の長ーい動画から引用しまとめたのです。

テスト環境
CPU : Ryzen 9 5950X
RAM : DDR4-3200 16GB×4
GPU : 各リファレンス及びFounders Editionカード ノーマルモード


詳しく知りたい人は見るといいです。



・Smart Access Memory(SAM)
今まではCPUとVRAMとの通信が一部しか出来ずパフォーマンスが制限されていたのを通信幅を広げて制限をなくし本来のパフォーマンスを発揮できるようにした。道路拡張の様なものです。
ただしゲームの設計に強く依存するので変わらないものもあれば20%性能が上がるゲームも存在するらしい。

このSAMを有効にするにはRyzen5000シリーズと500番台のチップセット、6000シリーズのRadeonの3つの組み合わせが必要になります。

設定はマザーボードのBIOSで行う設定方法は下の通り

 ①Above 4G Decoding → Enabled
 ②Re-Size BAR Support → Auto または Enabled
 ③CSM Support → Disable

NVIDIA でもSAMと同様のものを開発中とのことでCPUはIntelでもAMDでも動作する縛りが無いのは良いですね。



・ドライバーに一言
AMD相変わらずドライバーはイマイチか? 早く安定版を!!
ゲーム及び動画編集共にだから痛いですね。コストが掛からないのは良いですがトラブルの元ではね。安いと言っても値段が値段ですから安定重視や初心者の方は避けた方が良い代物です。





     
AMD Radeon RX6800 XT 搭載ビデオカード
メーカーASRockGIGABYTEXFX
型番RX6800XT
TCX 16GO
GV-R68XTGAMING
OC-16GD
RX 6800 XT
16GB GDDR6
価格



     
AMD Radeon RX6800 搭載ビデオカード
メーカーASUSSapphireASRockGIGABYTEMSI
型番RX6800-16GSAP-NITRORPX6800
16GB
RX6800 CLP 16GOGV-R68GAMING
OC-16GD
VD7451
価格






楽しんでいただけらこのバナーをポチっと押してやってくれると、私が喜びます。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

繊月

Author:繊月
自転車ブログとPCパーツ情報を主にやっています。
交互に記事上げれれば良いなと思っています。

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。