FC2ブログ

記事一覧

GeForce GTX 1660 SUPER グラボ比較【DisplayPort 3ポート】

世間ではNVIDIAGeForce RTX 30シリーズが発売と賑わっているさ中、このブログではGTX 1660 SUPERに注目!!20万越えのグラボ何てまれだろう4スロット使うし、いったいどんな奴が買うんだよ


前回より高い性能のグラボに焦点を当てて調べているとDVIが無いものが数点ある事に気づきます。
DVIは長らく映像の入出力端子のスタンダードをやっていたのですが、いつの間にかディスプレイに付いておらず完全に過去の産物になっていて驚き。
GeForce GTX 1650 SUPERにはこんな仕様は無かったぞDisplayPort3つにHDMI、「4画面に対応するんかい」まさにハイエンド仕様。出力は多い方が思わぬことが出来るから通常はトリプルモニター、動画は大画面TVへとか夢も広がる でも、古いディスプレイ使ってる人は接続できないじゃないの?
安心してくださいDisplayPortはマルチポートなのだDVIにもHDMIにも簡単に変換できてしまうのです。(逆は難しいけど出来なくはない)
変換アダプターはもしかするとグラボに付属しているかもしれませんね。

↓こんなの


それでは比較に移りますが、そんなわけで急遽DVI出力の物を除外しました。

         

GeForce GTX 1660 SUPER 搭載グラフィックスボード 1
メーカーZOTACZOTACMSIGIGABYTE
型番ZT-T16620F-10LZT-T16620D-10MVENTUS XS OCGV-N166SGAMING OC-6GD
出力ポートHDMIx1
DisplayPortx3
HDMIx1
DisplayPortx3
HDMIx1
DisplayPortx3
HDMIx1
DisplayPortx3
ブーストクロックリファレンス
1785 MHz
1845 MHz1815 MHz1860 MHz
価格
         
GeForce GTX 1660 SUPER 搭載グラフィックスボード 2
メーカーGIGABYTEGIGABYTEELSA
型番GV-N166SOC-6GDGV-N166SIXOC-6GDGD1660-6GERSS
出力ポートHDMIx1
DisplayPortx3
HDMIx1
DisplayPortx3
HDMIx1
DisplayPortx3
ブーストクロック1830 MHz1800 MHzリファレンス
1785 MHz
価格

上の比較ではZOTAC「ZT-T16620F-10L」とELSA「GD1660-6GERSS」の2枚が標準仕様となります

                   
「GeForce GTX 1660 SUPER」の仕様
CUDAコア1408
ベースクロック1530
ブーストクロック1785
メモリタイプGDDR6
メモリ容量6 GB
メモリ速度14 Gbps
メモリインターフェース幅192 bit
メモリ帯域幅336 GB/秒
OpenGL4.6
推奨電源450 W

ここでCUDA(クーダ)コアとは?となった分けですがちょっと難しいですね繊月には、わかりやすいようにまとめてみた。
一般的には、CUDAコア数が多いほどビデオチップの性能が高く3D性能も高い。今は枯れてしまったSLIはこのCUDAコアを増やすための技術です。(安いグラボを複数使い性能を上げる方法でアプリが対応していないと性能が得られないそのため覇権を取れなかった)
NVIDIAはCUDAコア数とよび、AMDはシェーダプロセッサ数とよんでいます。単にプロセッサ数と表現されることもあります。

ゲームするならFHDで使用するのが良いだろう4Kでは力不足、動画編集には可。
お値段様々3万円弱から高いのだと5万円、オーバークロックで左右していますがどれも100MHzも上がっていませんね気になるのは冷却性能かGIGABYTEの3連ファンの奴なんてこれ以上は自分でやってくれと言わんばかりだでも5万金出すなら上のクラス買った方が良いだろう。
後は、今回取り上げなかったDVI出力のものだと2万後半ぐらいの価格があるのでそれでもかまわない人はチェックするのも良いだろう。




楽しんでいただけらこのバナーをポチっと押してやってくれると、私が喜びます。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

繊月

Author:繊月
自転車ブログとPCパーツ情報を主にやっています。
交互に記事上げれれば良いなと思っています。

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。