そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~

俺の趣味を公開していくブログ

FC2カウンター

プロフィール

暁の繊月

Author:暁の繊月
おっさん

チャリにハマる

最新情報

最新記事

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。

この人とブロともになる

最後のダム巡り県内最大の小山ダム

2018/04/25 22:20

ダム巡りもやっと最後になりました。訪れたのは地元高萩市にある小山ダム。山奥にあるため市内でも自転車では遠い所です。難所は県道10号を越えたあたりから若栗トンネルまでの間だ。2月から
何度も挑み続けているが最近やっとダウンなしで登れるようになったのだ。そこから若栗トンネルを抜けると暫く下り坂が続く、これが不安を煽る。帰りはこれを引き返さなければならないからだよ~

最後のダム巡り県内最大の小山ダム_ルート

そんなこんなで小山ダムの全貌
最後のダム巡り県内最大の小山ダム01
四時ダムの時も思ったがデカいとしか言えません流石県内で一番の大きさ、写真を撮った位置からダムまで暫く山登らなくてはなりません。

最後のダム巡り県内最大の小山ダム02

最後のダム巡り県内最大の小山ダム03
やっと到着、周囲は駐車場と広場になっていて物産店がポツンとあります。カレーが有名です。食べてみたいのはやまやまですが、家で食ってきているので食べられません機会があれば食べてみたいですね。

最後のダム巡り県内最大の小山ダム04
写真では分からないが遠くに里見牧場の風車が見える
それなりに見てきたけど茨城県のダムはなんか殺風景だな比べてしまうが人を引き付けるものが足りない、これでは物産店も寂れてしまうぞ。

ダムで休憩し帰ろうとするが来た道戻るのは、「体力的にね~」すでに折れてます。それじゃ小分けで攻めている広域農道の終着点も拝見するかと一路、北茨城市へ向かう事にしたが、登り坂が無いわけではない
短くても辛いものは辛い。

広域農道と言えばあちこちにあったあの看板、「オネガイ あんまり飛ばさないで」をもう一度見たかったのだがもう撤去されてしまったようです。
あったらしっかり写真に収めようよ思っていたのに、あれは20数年前?公道レースが行われていた頃あまりにも事故が多いので建てられた2次元の看板。これで何人救われたのかは分からないが、まだ2次元が世の中に認められなかったころ地元高萩警察署がやらかしたものだ。ネットに載っているのでも6、7年前のもでそれも劣化ダメージがひどい、折角だからリニューアル看板を作成してくれと言いたいが公道レースする人もめっきり減った最近は、事故もないから看板も立て替えないようだ。

最後のダム巡り県内最大の小山ダム_ネタ

鮮明な写真が有ったので拝借して看板だけにしてみました。当時はこれでも、脳内麻薬が発動したものだがこんな看板だったけ?90年代の絵てこんなのだったよな~



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
自転車(クロスバイク)トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybreakforce.blog129.fc2.com/tb.php/3074-ea409b95

検索フォーム

変換ウェブサイト

このファイル良いんだけど小さ過ぎ、そんな痒い所に手が届く便利サイトを紹介します。


画像アップスケーリング

こういうブログやっていると結構多様させてもらっているサイトです。高画質に拡大してくれます。(大きさに制限はあります)


waifu2x

MP3の音量を上げる

音楽ファイルをプレイリストに入れて聴いていると、たまに小さい音の曲がある。その音量を大きくしてくれるウェブサイトだ。


MP3 Louder

Copyright(C) 2006 そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.