そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~

俺の趣味を公開していくブログ

FC2カウンター

プロフィール

暁の繊月

Author:暁の繊月
おっさん

チャリにハマる

最新情報

最新記事

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。

この人とブロともになる

ディスプレイがたまに暗転する【DisplayPortケーブルに関して】原因判明

2015/06/28 11:44

相変わらずディスプレイがたまに暗転する状態、気温が上がってきた4月下旬頃から、それまで治ったのかと思うぐらいおこらなかったのにまた頻繁に発生。

5月にPCが増え机がモニターで埋め尽くされてしまいまして、それに伴って部屋の模様替えをしました。そこで今までの検証で出来なかったことが1つありました。
それはケーブルの交換、今までディスプレイとPCの距離が離れていて手持ちのDisplayPortケーブルでは届かず検証ができずにいたのです。寒い間は治ったかのように振舞われていたので不快にも思わなかった。
DisplayPortケーブルは高価なため簡単には交換できず。どうせ買うなら色々と便利に使える長いものにしたいなど付加価値も考えるとなかなか手を出せないよ。

じゃどうしたかと言うとディスプレイ買った時に付属で付いていたのが有りそれと交換、これが1mあるかないかの短いもの、部屋の模様替えでもして距離を短くしなければならない限定つきだ。

交換してからまだ一度も発生しなくなりました。ケーブルは以外に盲点だった手持ちのケーブルでも2年ぐらいの新しいのに駄目になるの早すぎじゃないの!?(安物だったからな)

DisplayPortケーブルを調べてみると端子部分にICチップがあったりノイズから信号を守る為にケーブルにシールド加工がされていて他のディスプレイケーブルのように安価に作ることができないようです。ケーブル長は15mまでと定められていました。

断線と言うよりはチップに何らかの問題が発生していてこのような症状が出たのかと、過負荷を掛けた覚えは無いのだが静電気とかでも壊れてしまうものなのかは分からない・・・。


関連記事
ディスプレイがたまに暗転する【ディスプレイドライバが応答を停止しましたが、正常に回復しました】なぜか治ってしまった

【「d3dx9_43.dll」が無い…】DirectX エンド ユーザー ランタイムについての備忘録【ゲームが出来ない】


ディスプレイがたまに暗転する【ディスプレイドライバが応答を停止しましたが、正常に回復しました】

『ディスプレイがたまに暗転する【ディスプレイドライバが応答を停止しましたが、正常に回復しました】』の経過報告

ディスプレイがたまに暗転する【ディスプレイドライバが応答を停止しましたが、正常に回復しました】その後

いろいろトラブったWindows7クリーンインストール



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
PC日記トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybreakforce.blog129.fc2.com/tb.php/2197-83375620

検索フォーム

変換ウェブサイト

このファイル良いんだけど小さ過ぎ、そんな痒い所に手が届く便利サイトを紹介します。


画像アップスケーリング

こういうブログやっていると結構多様させてもらっているサイトです。高画質に拡大してくれます。(大きさに制限はあります)


waifu2x

MP3の音量を上げる

音楽ファイルをプレイリストに入れて聴いていると、たまに小さい音の曲がある。その音量を大きくしてくれるウェブサイトだ。


MP3 Louder

Copyright(C) 2006 そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.