そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~

拾った二次画像を張っていくブログ

FC2カウンター

プロフィール

暁の繊月

Author:暁の繊月
ブログはストイックにやらないと…

最新情報

最新記事

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。

この人とブロともになる

EIZO、27型WQHD液晶「ColorEdge CG276」を4K×2Kに対応 価格.comのニュースに惹かれて

2013/05/01 10:25


(価格.COM 新製品ニュース引用 : http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0085/id=30196/
EIZOは、画面解像度が2560×1440ドットの27型液晶ディスプレイ「ColorEdge(カラーエッジ) CG276」について、4K×2K表示に対応させる新機能を追加すると発表。4月生産分より追加する。

新機能の追加により、DisplayPort端子に入力される30フレーム/秒までの4096×2160ドットまたは、3840×2160ドットの信号を画面に縮小して表示できるようになる。「ColorEdge CG276」の4月生産分より、新機能を追加する。対応信号は、4096×2160/30p,25p,24pと、3840×2160/30p,25p,24pで、互換するビデオカードは、AMDの「FirePro W5000 / V4900」と「Radeon HD 6850」となる。対応OSはWindows。

「CG276」は、2560×1440ドット表示に対応したプロフェッショナルモデル。独自の輝度ムラ・色度ムラ補正(デジタルユニフォミティ補正)回路を搭載。輝度と色度が均一になるように画面全体、全階調で補正を行い、周囲の温度変化や色温度、輝度の変更に対しても、画面の表示均一性が安定的に保たれるようになっている。画質面では、Adobe RGBカバー率97%の広色域表示が可能。sRGBや印刷業界の基準色「JMPAカラー」「Japan Color」の色域、NTSC比102%もサポートする。ディスプレイインターフェイスには、DisplayPort×1、DVI-D×1、HDMI×1を備える。


EIZO_ColorEdge CG276
時代は27型が主流になっていくのかな最近27型ディスプレイの、発売が多くなってきましたね。PCの事情もスマホ、タブレット、などの小型の端末に押され住みかをとりあえず巨大にするしかなさそうだ。考えて見ると情報の受け側だけやるならタブレットあれば全部出来るだろうしスマホでも可能だ、そうするとPCは、開発しか利点を見出せなくなり、ごく一部の人間しか使わなくなっていく、一般のユーザーでも簡単にPCだけでしか出来ない何か凄い事でもなければ衰退していきそうです。

余談は置いておいて、ビックですね~4K×2Kって広いですねここまで広いと、一枚で編集、閲覧一気に出来る。ノングレアパネルなのに遮光フードが付属される。

メーカー: http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg276/index.html#tab01





ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


ディスプレイ(気になるニュース)トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybreakforce.blog129.fc2.com/tb.php/1496-0b48eaec

検索フォーム

変換ウェブサイト

このファイル良いんだけど小さ過ぎ、そんな痒い所に手が届く便利サイトを紹介します。


画像アップスケーリング

こういうブログやっていると結構多様させてもらっているサイトです。高画質に拡大してくれます。(大きさに制限はあります)


waifu2x

MP3の音量を上げる

音楽ファイルをプレイリストに入れて聴いていると、たまに小さい音の曲がある。その音量を大きくしてくれるウェブサイトだ。


MP3 Louder

Copyright(C) 2006 そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.