FC2ブログ

記事一覧

アビー、「ダブルデッキ」構造を用いた国産アルミ製PCケース「ASE-W5」 価格.comのニュースに惹かれて


(価格.COM 新製品ニュース引用 : http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0580/id=29469/
アビーは、アルマイト加工を施した国産アルミ製のMicroATXケース「ASE-W5」を発売した。

マザーボードとHDDを上下2つの段に分けて配置する「ダブルデッキ構造」を用いることで、作業性と放熱性を高めたMicroATXケース。フロントパネルにはアルマイト処理やショットブラスト加工を施した厚さ3.0mmの肉厚アルミ合金を採用。576個の通気口を設けたほか、パネル裏面には、120mmファン2基もしくは水冷CPUクーラーのユニットを設置できる奥行約70mmのファンポートを備え、放熱性を高めている。ファンポートには静音性などにすぐれた付属の120mmファン「NANO TEK FAN」を装着することも可能だ。また、リアには92mmファン1基を標準で搭載している。また、フロントパネルにはプラスチック製のロック機構を用いており、ドライバーなどの工具を使わなくても安全で手軽に着脱ができるようになっている。

CPUクーラーのマウントスペースは、約135mmの高さを確保。最長で約290mmまでのビデオカードが設置できるスペースも確保しており、高性能なCPUやビデオカードの搭載も可能だ。ゲーミングマシンやワークステーションなどの二―ズにも対応している。また、HDDホルダーは、3.5インチHDD×3もしくは2.5インチHDD(SSD)×3の搭載に対応。HDD×2とSSD×1など、用途にあった組み合わせができる。また、ホルダーは換装作業がしやすい着脱式とした。

電源部は、ATXユニットの設置にも対応。電源を設置するベイの下には、ダストフィルターと専用のインテークホールを設けた。そのほか、フロントパネルにはUSB 3.0ポート×2や、マイク、ヘッドホン端子を装備。アクセススイッチは削り出しのアルミインゴットにアルマイト加工を施すなど、質感を高めている。

フォームファクターはMicroATX、Mini ITXに対応。内部ドライブベイは、5.25インチ×1、3.5インチ×3(2.5インチと共用)。拡張スロット×4を備えた。本体サイズは289(幅)×269(高さ)×369(奥行)mm。重量は約5.3kg。ボディカラーは、シルバーとブラックの2色を用意した。

直販価格は34,980円。


アイビー_ASE-W5_01

Cooler Masterの「HAF XB」といいキューブ型PCケースはこれからのトレンドは2層構造になって行くのかな、2層構造だとメンテナンスが随分楽になると思うので蓋を開けるのが楽しくなりそうだ。タワー型のように横に寝かせていたらケースが歪んでしまうなんてことも心配要らない。

アイビー_ASE-W5_02

メーカー: http://abee.co.jp/Product/CASE/AS_Enclosure/W5/index.html



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

繊月

Author:繊月
自転車ブログとPCパーツ情報を主にやっています。
交互に記事上げれれば良いなと思っています。

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。