そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~

拾った二次画像を張っていくブログ

FC2カウンター

プロフィール

暁の繊月

Author:暁の繊月
ブログはストイックにやらないと…

最新情報

最新記事

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。

この人とブロともになる

Corsair、140mmファン搭載の水冷CPUクーラー2機種 価格.comのニュースに惹かれて

2013/05/20 10:33


(価格.COM 新製品ニュース引用 : http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0512/id=29398/
リンクスインターナショナルは、Corsair製の水冷式CPUクーラー「CORSAIR Hydro Series」の新モデルとして、「H110 CW-9060014-WW」「H90 CW-9060013-WW」の2機種を発売した。

いずれも、最大1500rpmで大口径140mmファンを備えたラジエーターを採用した水冷一体型ユニットのCPUクーラー。140mmファンの搭載数は、「H110 CW-9060014-WW」が2基、「H90 CW-9060013-WW」が1基となる。BIOSの設定によりシステムの温度と連動して、より細かいファン回転数の制御が可能だ。

また、柔軟な設置を可能にするゴム製のチューブを採用。曲げやすく、約300mmの長さを確保することで、ラジエーターの設置を柔軟に行うことが可能だ。CPUと接触するベース部には、高い熱伝導効率の銅を採用。CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝え、すぐれた冷却性能を実現している。

対応ソケットは、インテルがLGA2011/1366/1156/1155、AMDがSocket AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM1。PCケースは、Corsair製のVengeance C70、Carbide Series 500R、Obsidian Series 550D/650D/900Dに対応する。

ラジエーターのサイズと重量は、「H110 CW-9060014-WW」が314(幅)×140(高さ)×29(奥行)mm、約790g(ファンの重さは含まず)、「H90 CW-9060013-WW」が173(幅)×140(高さ)×27(奥行)mm、約600g(ファンの重さは含まず)。

市場想定価格は、「H110 CW-9060014-WW」が15,980円前後、「H90 CW-9060013-WW」が13,480円前後。



H110 H90

水冷キットの取り付けはやった事ないのですが、動画では見ています。結構難しいようですね。2人がかりで水枕をCPUに付ける人とラジエーターを持っている人に分かれて作業しています。ホースが短く曲がりにくいというのが取り付けにくくしているようです。これはどちらもゴムホースなので楽に付けられそうです。

メーカー: http://www.links.co.jp/item/h110/
      http://www.links.co.jp/item/h90/

H110 CW-9060014-WWH90 CW-9060013-WW



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


CPUクーラー(気になるニュース)トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daybreakforce.blog129.fc2.com/tb.php/1436-677a47a3

検索フォーム

変換ウェブサイト

このファイル良いんだけど小さ過ぎ、そんな痒い所に手が届く便利サイトを紹介します。


画像アップスケーリング

こういうブログやっていると結構多様させてもらっているサイトです。高画質に拡大してくれます。(大きさに制限はあります)


waifu2x

MP3の音量を上げる

音楽ファイルをプレイリストに入れて聴いていると、たまに小さい音の曲がある。その音量を大きくしてくれるウェブサイトだ。


MP3 Louder

Copyright(C) 2006 そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.