そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~

拾った二次画像を張っていくブログ

FC2カウンター

プロフィール

暁の繊月

Author:暁の繊月
ブログはストイックにやらないと…

最新情報

最新記事

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。

この人とブロともになる

GIGABYTEから新マザー「GA-Z87X-HD3」が登場

2014/03/17 16:44

新しいCPU「Haswell Refresh」が発売される前に対応マザーがちらほらマイナーバージョンアップ、しょっぱなはGIGABYTEなのか。
久しぶりのZ87搭載の新しいマザーボードが登場です。
GA-Z87X-HD3

拡張スロットは、PCI Express x16×2、PCI Express x1×3、PCI×2を装備。メモリーはDDR3 1600対応スロットを4基備えており、最大32GBのメモリーを実装できる。内部インターフェースは、SATA6Gbps×6、USB3.0×2となっており。無線LANなどは付いていないスタンダードな作りだ。
現行のマザーボード「GA-Z87X-D3H」、「GA-Z87-HD3」のちょうど間ぐらいの仕様となっています。
GA-Z87X-HD3_back
バックパネルも個性は出さず無難な配置。

価格は今の所変動激しいようで、1万3、4千円位がねらい目だろうと私は思います。




見比べられるように現行マザーも載せて見ましたが、新マザーは中間スペックの割りにチョイとお高い設定ですね(3月17日現在) 
GA-Z87X-D3HGA-Z87-HD3




ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。

マザーボード(気になるニュース)トラックバック:0コメント:0

ASRock、インテル製CPU対応のMicroATXマザー2機種 価格.comのニュースに惹かれて

2013/05/20 09:55


(価格.COM 新製品ニュース引用 : http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0540/id=29334/
マスタードシードは、ASRock製のMicroATXマザーボード「B75 Pro3-M」「H61M-VG3」の2機種の取り扱いを開始。3月23日より発売する。

■「B75 Express」を搭載した「B75 Pro3-M」
ビジネス・エンタープライズ向けのインテル「B75 Express」チップセットを搭載するASRock製MicroATX規格マザーボードの最上位モデル。CPUソケットはLGA1155に対応する。また、小規模ネットワーク向けのネットワーク管理ソリューション「Small Business Advantage」をサポート。固体コンデンサを100%採用しており、使用環境で求められる高い安定性と耐久性を確保。AMDのマルチGPU技術「CrossFire」に対応している

拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 2.0 x16×1(x4動作)、PCI×2を装備。メモリーはDDR3 2200MHz対応スロット(O.C.)を4基備えており、最大32GBのメモリーを実装可能だ。リアパネルのインターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×4、光デジタル×1、ギガビットLAN×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1などを備える。

市場想定価格は6,480円前後。

B75 Pro3-M_1 B75 Pro3-M_2


■「H61 Express」を搭載した「H61M-VG3」
インテル「H61 Express」チップセットを搭載したMicroATX規格マザーボードのエントリーモデル。CPUソケットはLGA1155に対応する。MicroATX規格ながら、通常サイズの244(幅)×244(高さ)mmよりもコンパクトな191(幅)×170(高さ)mmとなっており、拡張スロットを2基搭載するMini-ITX規格用ケースへ搭載することも可能だ。また、固体コンデンサを100%採用しており、高い安定性と耐久性を確保している。

拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 2.0 x1×1を装備。メモリーはDDR3 1600MHz対応スロットを2基備えており、最大16GBのメモリーを実装可能だ。リアパネルのインターフェイスは、USB 2.0×4、アナログRGB×1などを備える。

市場想定価格は4,480円前後。

H61M-VG3_1 H61M-VG3_2



久しぶりの新製品マザーは、ビジネス向けかこれから新プラットホームに切り替わる時期的なものも有り遊び心に全く火がつきません。「B75 Pro3-M」は堅牢性に優れたコンデンサが売りのようです。セカンドPCにするなら選択肢の一つに入れてみてはどうでしょう。

メーカー: http://www.asrock.com/mb/Intel/B75%20Pro3-M/index.jp.asp
     http://www.asrock.com/mb/Intel/H61M-VG3/index.jp.asp

H61M-VG3




ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


マザーボード(気になるニュース)トラックバック:0コメント:0

MSI、マルチGPU対応のゲーミングマザーボード3機種 価格.comのニュースに惹かれて

2013/04/28 16:13


(価格.COM 新製品ニュース引用 : http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0540/id=30341/
アスクは、MSI製ゲーミングマザーボード「Z77A-GD65 GAMING」「Z77A-G43 GAMING」「B75A-G43 GAMING」の3機種の取り扱いを開始。本日より発売する。

いずれも、インテル製チップセットを搭載したゲーミングマザーボード。フォームファクターはATXを採用。マルチGPUに対応しており、ビデオカード2枚の装着を想定し、発熱の多いハイエンドビデオカードでも十分なエアフローが届くよう、PCI Express x16スロット間に十分なスペースを設けている。

また、オンラインゲームのレスポンスを向上させる「Killer E2200」ネットワークコントローラーを搭載し、1秒を争うFPSゲームやアクションゲームなどで威力を発揮するという。さらに、キーボードやマウスを取り付けるPS/2ポート・USBポートは、金メッキを3倍厚くし耐久性を高めた「ゲーミングデバイスポート」となっており、操作面での信頼性を向上させている。音質面では、ヘッドホンのサウンド環境を改善する「Sound Blaster Cinema」に対応した。

■「Z77A-GD65 GAMING」
Z77A-GD65_GAMING
インテル「Z77 Express」チップセットを搭載したゲーミングマザーボードのハイエンドモデル。マルチGPUに最適化されており、NVIDIA SLIおよびAMD CrossFireXの両方に対応する。

また、リアパネルから利用できる「CMOSクリアボタン」や、オンボード上の電源・リセットボタンの「イージーボタン3」を搭載。電圧チェックを可能にする「V-チェックポイント」、POSTコードを表示する「デバッグLED」、BIOSクラッシュ時にバックアップBIOSから起動を行う「マルチBIOS」など、オーバークロックに便利な機能を備えている。

拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×3、PCI Express 2.0 x1×4を装備。メモリーはDDR3 3000MHz(O.C.)対応スロットを4基備えており、最大32GBのメモリーを実装可能だ。リアパネルのインターフェイスは、USB 3.0××2、USB 2.0×4、PS/2×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1、ギガビットLAN×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1などを備える。

市場想定価格は19,980円前後。

■「Z77A-G43 GAMING」
Z77A-G43 GAMING
インテル「Z77 Express」チップセットを搭載したモデル。マルチGPUに最適化されており、AMD CrossFireXに対応する。

拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 2.0 x16×1(x4動作)、PCI Express 2.0 x1×2、PCI×3を装備。メモリーはDDR3 3000MHz(O.C.)対応スロットを4基備えており、最大32GBのメモリーを実装可能だ。リアパネルのインターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×6、PS/2×1、ギガビットLAN×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1などを備える。

市場想定価格は14,980円前後。

■「B75A-G43 GAMING」
B75A-G43_GAMING
インテル「B75 Express」チップセットを搭載したモデル。マルチGPUに最適化されており、AMD CrossFireXに対応する。

拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 2.0 x16×1(x4動作)、PCI Express 2.0 x1×2、PCI×3を装備。メモリーはDDR3 1600MHz(O.C.)対応スロットを4基備えており、最大32GBのメモリーを実装可能だ。リアパネルのインターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×4、PS/2×1、ギガビットLAN×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1などを備える。

市場想定価格は9,980円前後。



久しぶりに目に付いたマザーボード、なにやらゴチャゴチャ付いていなくプレーンなのがいいです。考えてみればゲームやるパソコンにWiFiとか必要ないですもんね。有線の高速さ且つ確実に反応してくれなければ意味が無いです。以前ネットゲームやっていた時がありましたが一寸でもネットが重かったりPCのパワーが少しでも足りないとタイムラグが起こりゲームにならないのだ。一緒にやっている人たちにも迷惑かかるし自分も余計な気を使ってしまう。
このマザーボードはWiFiやRAIDなど最近のマザーボードには大体付いているだろうと思う機能が無い代わりにネットワークパフォーマンスを最適化するLANチップやマルチGPUを有効にするための余裕のスペースを設けていたりサウンドも一般的なマザーより高性能なものが搭載されています。

ゲーム用途以外でも高い安定性が見込めるため、案外PCの用途がまだ決まっていないが自作してみたいなと言う人やオールラウンド用のPCにも勧められます。ちなみに私が買うなら「Z77A-GD65 GAMING」を買いますね。AMD CFXはどれも使えますがNVIDIA SLIを選択する事ができるのは3枚のうちこの1枚だけ。後対応メモリーの数や拡張スロットの数なんかも考慮するとこちらになってしまいます。

Z77A-GD65 GAMINGZ77A-G43 GAMINGB75A-G43 GAMING

メーカー:
「Z77A-GD65 GAMING」
http://www.ask-corp.jp/products/msi/motherboard/intel-z77/z77a-gd65-gaming.html

「Z77A-G43 GAMING」
http://www.ask-corp.jp/products/msi/motherboard/intel-z77/z77a-g43-gaming.html

「B75A-G43 GAMING」
http://www.ask-corp.jp/products/msi/motherboard/intel-b75/b75a-g43-gaming.html



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


マザーボード(気になるニュース)トラックバック:0コメント:0

GIGABYTE、Thin Mini-ITXマザーボード2機種を発表 価格.comのニュースに惹かれて

2013/02/27 11:14


(価格.COM 新製品ニュース引用 : http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0540/id=28806/
GIGABYTEは、、All-In-One PC向けのThin Mini-ITXシリーズ・マザーボード「GA-H77TN」「GA-B75TN」の2機種を発表。なお、日本市場での販売方法や販売価格、販売開始時期などは未定となっている

Thin Mini-ITXシリーズ・マザーボードは、ロープロファイル設計を採用。既存のMini-ITXマザーボードに比べて約43%薄い2.5cmの高さとなっており、液晶ディスプレイを搭載したThin Mini-ITX規格のAll-in-One筐体などに装着することが可能だ。

■「GA-H77TN」

チップセットに「H77 Express」を搭載し、ソケットLGA1155に対応したモデル。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x4×1、Mini PCI Express x1×1。メモリーはDDR3 SO-DIMMスロットを2基装備。リアパネルのインターフェイスは、USB 3.0×4、ギガビットLAN×1、HDMI×1、DisplayPort×1、オーディオ入出力などを装備する。

■「GA-B75TN」

チップセットに「B75 Express」を搭載し、ソケットLGA1155に対応したモデル。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x4×1、Mini PCI Express x1×1。メモリーはDDR3 SO-DIMMスロットを2基装備。リアパネルのインターフェイスは、USB 3.0×4、ギガビットLAN×1、HDMI×1、DisplayPort×1、オーディオ入出力などを装備する。



GA-H77TN GA-B75TN

ケースに収めるとブルーレイプレーヤーサイズの極薄のPCになりますね。メモリーは自作のメモリーは流用できないので注意。

メーカー: http://www.gigabyte.jp/press-center/news-page.aspx?nid=1192

液晶ディスプレイを搭載したThin Mini-ITX規格に対応しているらしいが、In Win Development Inc.の「K1」と言うキットになるのかな検索ではこれが一番最初にヒットしました。ディスプレイは交換できるみたいだし土台の部分がPCケースになるようですね。
 inwin_k1
 (「K1」:参考)http://special.nikkeibp.co.jp/as/akiba_pcdiy/inwin/index2.html



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


マザーボード(気になるニュース)トラックバック:0コメント:0

ASRock、「AMD 990FX」搭載モデルなどマザーボード2機種 価格.comのニュースに惹かれて

2013/01/30 08:10


(価格.COM 新製品ニュース引用:http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0540/id=27897/
マスタードシードは、ASRock製マザーボードの新製品として、Socket AM3+対応のATXモデル「990FX Extreme9」と、Socket FM2対応のMini ITXモデル「FM2A85X-ITX」を発表。1月25日より発売する。

いずれも、独自の「XFast 555 テクノロジー」をサポート。Photoshopの実行を5倍速くする「XFast RAM」、オンラインゲームのレイテンシを5倍速くする「XFast LAN」、USB転送速度を5倍速くする「XFast USB」を利用できる。



■ATXマザーボード「990FX Extreme9」

ASROCK 990FX Extreme9(N)


(価格.COM 新製品ニュース引用:http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0540/id=27897/
チップセットに「AMD 990FX+SB950」を搭載したハイエンドモデル。ゴールドコーティングを施した日本メーカー製の導電性高分子コンデンサーを採用しており、高い安定性と耐久性を実現している。また、CPU電源コネクターには、高密度電源コネクターを採用。電力損失を23%低減し、コネクター部分の温度を最大22度引き下げる効果があるという。対応CPUは、「AMD FX」「Phenom II」「Athlon II」「Sempron」シリーズ。

また、マルチGPUでは、3-Way CrossFireテクノロジー、3-Way SLIに対応。LANコントローラーには、安定性と性能に定評のある、インテル製ギガビットLANコントローラーを採用している。

拡張スロットは、PCI Express 2.0 x16×4(x16動作×2、x8動作×1、x4動作×1)、PCI-Express 2.0 x1×1、PCI×1。メモリーはDDR3 2450MHz(OC)対応スロットを4基装備し、最大64GBのメモリーを実装可能だ。リアパネルのインターフェイスは、USB 3.0×4、USB 2.0×4、ギガビットLAN×1、IEEE1394a×1(6ピン×1)、eSATA×2などを備える。

市場想定価格は23,800円。


メーカー:http://www.asrock.com/mb/AMD/990FX%20Extreme9/index.jp.asp

スペック表
フォームファクタATX
CPUスロットSocket AM3+
チップセットノースブリッジ: AMD 990FX
サウスブリッジ: AMD SB950
メモリDDR3(デュアルチャネル)
メモリースロットDIMM 4(最大64GB)
Supports Intel Extreme Memory Profile (XMP)
Supports AMD Memory Profile (AMP)
メモリー対応規格DDR3 2450(OC)/2100(OC)/1600/1333/1066
マルチGPU機能AMD Quad CrossFireX
AMD 3-Way CrossFireX
AMD CrossFireX
NVIDIA Quad SLI
NVIDIA 3-Way SLI
NVIDIA SLI
拡張スロット(スロットの長さ)
PCI Express3.0x16-
PCI Express2.0x164
PCI Express2.0x11
PCI1
基板上インターフェース
USB 3.02(4port)
USB 2.02(4port)
SATA 6Gb/s8
SATA 3Gb/s-
mSATA-
IEEE1394-
バックパネルインターフェース
PS/22
DVI-D-
D-Sub-
DisplayPort-
HDMI-
Thunderbolt-
LAN1
WiFi-
USB 3.04
USB 2.04
IEEE13941
eSATA32
Optical S/PDIF out1
同軸S/PDIF out1
Audio jack6
その他
Bluetooth-
CMOSクリアボタンバックパネル


 

■Mini ITXマザーボード「FM2A85X-ITX」

ASROCK FM2A85X-ITX(N)


(価格.COM 新製品ニュース引用)
チップセットに「AMD A85X」を搭載した「FM2A75M-ITX」の後継モデル。「990FX Extreme9」と同様、ゴールドコーティングを施した日本メーカー製の導電性高分子コンデンサーを採用しており、高い安定性と耐久性を実現している。対応APUは、TDP100Wまでの「AMD A」シリーズ。

拡張スロットは、PCI Express 2.0 x16×1。メモリーはDDR3 2400+MHz対応スロットを2基装備し、最大32GBのメモリーを実装可能だ。リアパネルのインターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×4、ギガビットLAN×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1、eSATA×1などを備える。

市場想定価格は10,480円。



メーカー:http://www.asrock.com/mb/AMD/FM2A85X-ITX/index.jp.asp

スペック表
フォームファクタMini-ITX
CPUスロットSocket FM2
チップセットAMD A85X (Hudson-D4)
メモリDDR3
メモリスロットDIMM 2(最大32GB)
Supports Intel Extreme Memory Profile (XMP)
Supports AMD Memory Profile (AMP)
メモリー対応規格DDR3 2400+(OC)/2133(OC)/1866/1600/1333/1066
マルチGPU機能AMD Dual Graphics ※
拡張スロット(スロットの長さ)
PCI Express3.0x16-
PCI Express2.0x161
PCI Express2.0x1-
PCI-
基板上インターフェース
USB 3.01(2port)
USB 2.02(4port)
SATA 6Gb/s7
SATA 3Gb/s-
mSATA-
IEEE1394-
バックパネルインターフェース
PS/21
DVI-D1
D-Sub1
DisplayPort-
HDMI1
Thunderbolt-
LAN1
WiFi-
USB 3.02
USB 2.04
IEEE1394-
eSATA31
Optical S/PDIF out1
同軸S/PDIF out-
Audio jack5
その他
Bluetooth-
CMOSクリアボタン-

※AMD Dual Graphicsとは   
CPUの内蔵グラフィック機能とグラフィックカードを結合して更にパフォーマンスを引き出す機能です。AMD版Lucid Virtu Universal MVP 



最近、ATXじゃなく、MicroATXやMini ITXなどの小さいサイズのマザーボードでもいいんじゃないかと思うようになってきました。最近のマザーは、拡張する必要が殆ど無いのでわざわざATXにしなくてもマザーに全部付いてるし。自作PCの考え方も変革の時なのかもです。



ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


マザーボード(気になるニュース)トラックバック:0コメント:0

GIGABYTE、マザーボード3機種が4K出力に対応 価格.comのニュースに惹かれて

2013/01/10 23:28

「きつい」「きたない」「きけん」は3Kと言われ仕事選びで嫌われる略称だけど4K?、加えて「給料安い」なのか?(俺の仕事じゃないんだから)

それは、さて置き。
4K余り聴きなれない言葉だちょっと調べてみたら、解像度の事なんですって、水平画素数4,000×垂直画素数2,000前後の画面解像度を指すようです。


(価格.COM 新製品ニュース引用)

日本ギガバイトは、1月8日~11日まで米国ネバダ州ラスベガスで開催される「2013 International CES」(国際家電ショー)で、同社のデュアルThunderboltポートを搭載したマザーボード3機種が、4K出力をサポートすることを実証した。現在は対象マザーボードに、マザーボードメーカーが提供するインテル グラフィックスドライバーでアップデートする必要があるが、今後はウェブ上でドライバーをダウンロードすることが可能になるという。

4K出力の実証では、ギガバイト製のマザーボードのほかに、4台のディスプレイと分配器などを用いた。まず、「Core i5」または「Core i7」に内蔵された「インテル HD グラフィックス 4000」と、2基のThunderboltポートを搭載したデュアルThunderbolt搭載マザーボードに、インテルの4Kコラージュグラフィックスドライバーをインストール。2基のThunderboltポートを分配器で4つのポートに分離し、1920×1200ドットの4つの標準ディスプレイに出力することで、3840×2400ドットの4K映像を出力した。

1台のマザーボードから4K映像を出力することで、ビジネス用途では、デジタルサイネージや監視カメラ、医療関係などの高精細画像が求められる分野での活用が見込まれる。また、個人用途では、ビデオカードを搭載せずに、既存のハードウェアを更新するだけで4K出力の映像を楽しむことができるため、4K対応機器の普及が期待できる。

デュアルThunderboltポートを搭載したマザーボードは、「Z77X-UP5 TH」「Z77X-UP4 TH」「Z77MX-D3H TH」。セットアップのガイドラインや互換性などの詳細については、1月末より同社のウェブサイトで公開される。

(本文は、ここから)



グラボ無しで4画面は、画期的です。ゲームでもやらなければグラボなんて必要ないところまで来ているんですね。どうも私の頭は、PCにグラボは必要と刷り込まれていて離せないのですが、これはかなりのコストダウンが出来ます。マルチディスプレイの環境は凄く便利だが最初の投資が大きくなってしまう。これならグラボの予算をもう一台のディスプレイにする事も可能になります。
接続についてちょっと調べてみました。前にThunderboltの事少し触れた時は一つのポートにディスプレイ1台と思っていたが分配器を使うことで1つのポートで2台のディスプレイを繋げることが出来るようです。こんなブログなので分配器とやらを探してみようと色々検索してみたが出てこないんですよ。うーんまだ発売は先の模様よう。
しかし、1つだけありました。Accellというメーカーの「UltraAV DisplayPort → DisplayPort Multi-Monitor Adapter K088B-001B」という物です。実売価格が2万を超えています。此れでマルチディスプレイにするならグラボ使った方がいいですね。Thunderboltはまだまだ普及に時間が掛かりそうです。


参考までに・・・
Accell UltraAV DisplayPort → DisplayPort Multi-Monitor Adapter (1つのDisplayPortから3台のDisplayPortモニターを接続) K088B-001B





ブログランキングに参加しています。
アイコンを押して下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


マザーボード(気になるニュース)トラックバック:0コメント:0

仮想自作PCパーツ研究所

このコーナーについて


メインPCをパワーアップさせたい CPU編 【エア自作4号機】

暫くやらなかった仮想自作PCパーツ研究所 3号機の作成【その1】

暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の1【エア自作2号機】

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の1【エア自作1号機】

*CPU

メーカー:Intel
LGA1150 Core i7-4790K(Devil's Canyon 4.00GHz)

メーカー:Intel
LGA1150 Core i5-4690K(Devil's Canyon 3.50GHz)

このブログの関連記事
現在ありません

*マザーボード

メーカー:ASRock
Z97 Extreme4
フォームファクター:ATX

このブログの関連記事
現在ありません

*メインメモリ

メーカー:シー・エフ・デー(CFD)
240pin PC3-12800(DDR3-1600) DDR3 8GB(4GB x 2枚組) W3U1600HQ-4G

このブログの関連記事
RAMディスク(RAM Disk)
2つ買って16GBにするのも良いですね。

*ビデオカード

メーカー:ASUS
GPU:GeForce GTX 970
STRIX-GTX970-DC2OC-4GD5

このブログの関連記事
今はありません

*起動用SSD

メーカー:Samsung
MZ-75E120B/IT
2.5inch内蔵型 SATA6Gbps 120GB

このブログの関連記事
今はありません

*データ用HDD

メーカー:WESTERN DIGITAL
3.5インチ 内蔵型 SATA3.0 3TB WD30EZRX-1TBP/N

メーカー:WESTERN DIGITAL
3.5インチ 内蔵型 SATA3.0 2TB WD20EZRX/N

このブログの関連記事
3TBのHDDを使用するには

*電源ユニット

メーカー:玄人志向
定格出力 500W 80 PLUS PLATINUM
KRPW-PT500W/92+ REV2.0

このブログの関連記事
電源ユニット 選び方

お勧め商品

Music

アニソンメインです

every■ing!
カラフルストーリー<レーカン! 盤>



ノイタミナ FAN BEST(Blu-ray Disc付)



Trident
Blue Snow



田村ゆかり
好きだって言えなくて



井口裕香
「Hey World」<アニメ盤> CD+DVD (2枚組) TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」オープニングテーマ



Kalafina
ring your bell(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

検索フォーム

RSSリンクの表示

Copyright(C) 2006 そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.