そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~

PCを遊び倒そう

FC2カウンター

プロフィール

暁の繊月

Author:暁の繊月
「アーティストデータ」の表記を変更ます。
今までこのブログに初めて登場したアーティストさんには、「初作品」と表記しましたが。なんか違和感あるので「初登場」に改めます。
と言うのは、アーティストさんは他にもいっぱい書かれていますので初作品と言うのはずっと引っかかっていたんですよ。

最新情報

最新記事

Categories...B

openclose

相互リンク

相互リンクしてくれる方募集しています。 自作PC関係ブログは上部、壁紙ブログは下部その上にブログサイト、中央は不活発なサイトがあります。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

ブロともになってくれる方歓迎します。

この人とブロともになる

Ubuntuでの壁紙設定方法

2015/05/28 17:54

誰でも分かると思いますが、とりあえず壁紙配布しているブログなのでお約束の壁紙変更のやり方。

①デスクトップの何も無いところで右クリック、出てきたコマンドの一番下の「背景の変更(B)」をクリック。
Ubuntu_壁紙設定01


②「画像フォルダー」を選びます。
Ubuntu_壁紙設定02


③「ピクチャ」に入っている画像ファイルが表示されますので好きなのを選んでください。
Ubuntu_壁紙設定03


④壁紙の配置を決められます。設定が済んだら閉じてください。
Ubuntu_壁紙設定04



Windowsと変わらないか、壁紙の変更は初心者がPCを覚える上で大事な要素だと思います。私がWindowsを覚えようとしたのも壁紙の御蔭といってもいいでしょう。
ゲーム(エロゲー)の奇麗なカットを「PrintScreen」キーでスキャンし「ペイントブラシ」に貼り付け壁紙にしていたのを思い出します。ゲームは、Windowsが無知でも自力で何とか起動できるようになるんですよ男は・・・
「PrintScreen」キーもペーストも経験者の友達に教えてもらったっけ。出来上がった画像ファイルも保存場所で認識しない、今のようにピクチャフォルダがあるのではないので背景にはその画像が出てこないなんて事もあった。そんな小さなことの積み重ねで上達していくものなんです。壁紙一つでも色々な事が覚えることが出来ます「画像加工」「ファイラーの使い方」など普段使っている事が自然に身につくぞ。



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:2

【Ubuntu】Torrentを使ってDLしてみる

2015/05/24 07:49

いろいろあったが、UbuntuでのTorrent。
P2Pは違法と言う感じがしますがやり取りするファイルが問題であってUbuntuのOSイメージのように問題ないのもあります。
UbuntuはOSの配布にP2Pファイル交換ソフトのTorrentを利用し、1GBもあるOSのイメージファイルをサーバーアクセス軽減のため使用しています。Ubuntuにも「Transmission」というP2Pクライアントが用意されていて誰でも簡単に利用することが出来ます。ちょっと怖いなと思うのはウイルス、P2Pは不特定多数にアクセスするので何が起こるか分からないのが心配だ。ウイルス対策はしっかり行わなければなりません。

【Ubuntu】セキュリティの導入

先に出しましたがUbuntuには「Transmission」というP2Pクライアントが用意されていす。それで「十分だ」と言う人もいます。私は進捗状況を気にするので「Ktorrent」というソフトを導入しました。

・導入方法
「Ubuntuソフトウェアセンター」から「Ktorrent」を検索「インストール」します。英語で説明とか書いてありますがインストールすると日本語になります。

・使い方
①KTorrentを起動して置きます。(ダウンロードの進捗を確認したい時はKTorrentを起動、見なくていい時は②から行ってかまいません。)

②Torrentファイルの配布しているサイトへ行きTorrentファイルを入手します。
torrent_test01
緑で囲ったところをクリックし入手します。これをTorrentファイルと言い。拡張子が「.torrnet」になります。

③ダウンロードのダイアログが出ますので、プログラムで開く、KTorrent(既定)になっている事を確認「OK」をクリック。
torrent_test02


④ダウンロード先を決めます。右上のフォルダボタンをクリック、一度⑤へいって戻ってきてから「OK」をクリック。ダウンロードが始まります。
torrent_test03


⑤ダウンロード先を指定します。私の場合はダウンロードに指定しました。「OK」をクリック。
torrent_test04


⑥これが、メイン画面、右上の緑で囲ったところでダウンロードの再開、一時停止、停止をコントロールできます。ちなみに隣の「Remove」は削除になります。
torrent_test05

たまたま今回は、利用している人が多くUbutuのDVDイメージ1.2GBが1分少々で落ちてきました。速過ぎ過程も載せたかったのですが、一寸目を離している内に終わってしまいました。



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

【Ubuntu】セキュリティの導入

2015/05/10 06:53

UbuntuはWindowsと比べウイルスの感染が低く万が一感染しても発症はしにくい、しかも対策ソフトに関しても導入を推奨している訳でわなくむしろ勧めていない、それにはOSのアップデートが半年で新しいものに切り替わるためそのたびセキュリティホールも埋められていくから安全だと言うこともある。
しかし、UbuntuでダウンロードしたファイルをそのままWindowsで使う場合は要注意だそうだ。
今回はダウンロードに特化させたPCで、ダウンロードしたファイルをそのままWindowsに渡すのでウイルスに犯されやすいと言うのが解かりましたのでセキュリティ対策はしっかりしておきたい。

・ファイアーウォール「gufw」の導入
導入方法は他のアプリケーションのインストールと同じですが、今回は私、初めてソフトウェアをインストールするので詳しく書きます。

①左側のランチャーからソフトウェアセンターを起動。01 ファイアーウォール「gufw」の導入

②検索に「gufw」と入力。
02 ファイアーウォール「gufw」の導入

③「ファイアウォール設定ツール」をクリックして選択します。
03 ファイアーウォール「gufw」の導入

④「インストール」をクリック。
04 ファイアーウォール「gufw」の導入

⑤パスワードを入力して「認証する」。
05 ファイアーウォール「gufw」の導入

⑥インストールが完了するとアイコンにチェックマークが入ります。
06 ファイアーウォール「gufw」の導入

Ubuntuソフトウェアセンターは、AndroidのGoogle PLAYストアのようなものでアプリケーションの管理している所と思っていい。Windowsのように乱立していないので欲しいアプリケーションは誰でも簡単に導入することが出来ますね。



ファイアーウォール「gufw」の設定
設定方法が全て日本語表示にならないのが難しいところ。

①ランチャーから「ファイアウォール設定ツール」を起動
07 ファイアーウォール「gufw」の導入

②パスワードを入力して「認証する」
08 ファイアーウォール「gufw」の導入

③「Status」がオフになっているのでオンにします。盾の色が変わります。
09 ファイアーウォール「gufw」の導入
10 ファイアーウォール「gufw」の導入

これでファイアウォールが導入されました。


・ウィルス対策ソフト「ClamTk」の導入
ソフトウェアセンターを起動して、検索に「clamtk」と入力「clamtk」を選択、「インストール」をクリックして導入する。ランチャーから「ClamTk」を起動させる。

最初の画面になります。各ボタン類はダブルクリックで動作します。
04 ClamTK

・「ClamTk」の設定

①工具のアイコンの「設定」をダブルクリックしてチェックボックスに全部チェックを入れ、戻る。
05 ClamTK 設定

②起動と同時に下に「アップデートが利用可能です」と表示されているのでアップデートを直ぐ行うためスポイトのアイコン「アップデートアシスタント」をダブルクリックして開き、「自分でシグネチャをアップデート」に変更して戻る。
06 ClamTK アツプデートアシスタント

③下矢印の「アップデート」ボタンをダブルクリックして「OK」ボタンをクリックしてDLさせる。終わったら戻る
07 ClamTK アップデート01
08 ClamTK アップデート02

スキャンは解析から選んで掛けるようです。Ubuntuを使おうとする人は多少なり知識があるため解説はこの辺で適当に弄れば自分のものになるでしょう。

途中でPCが変わってしまうと言うことがありまして、ウィルス対策ソフト「ClamTk」はUbuntu 15.4で使用していますがファイアーウォールは若干見た目が変わっていますがやり方は変わりません。



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

【Ubuntu】Windowsとのネットワーク共有の設定

2015/04/26 17:40

いよいよ、Windowsマシンとファイル共有を行います。LiunxはWindowsとやり取りするのにそのままと言う訳には行かないので「samba」と言うソフトウエアを導入しなければなりません。設定方法はWindowsのファイル共有のようにやっていけば指示が出て簡単です。

スクリーンショットの画像をブログの記事にしたいので私は「ピクチャ」フォルダを共有してみようと思います。

01 Ubuntu_ネットワーク共有
まず、ファイルを開きます。


02 Ubuntu_ネットワーク共有
「ピクチャ」フォルダを右クリックしてコマンドから「ローカルネットワーク共有」をクリックする。


03 Ubuntu_ネットワーク共有
「このフォルダーを共有する(F)」をチェックする。すると下のようなダイアログが現れます。


04 Ubuntu_ネットワーク共有
「サービスのインストール」をクリック。


05 Ubuntu_ネットワーク共有
「インストール」をクリック。


06 Ubuntu_ネットワーク共有
認証を行うため「パスワード」を入力します。


07 Ubuntu_ネットワーク共有
インストールが始まります。


08 Ubuntu_ネットワーク共有
セッションを再起動してください。と聞いてくるので「セッションを再起動」をクリック。


09 Ubuntu_ネットワーク共有
「このフォルダー内でのファイルの作成・削除を他のユーザに許可する(A)」、「ゲストによるアクセス(ユーザーアカウントを持たない人向け)(G)」の両方にチェックを入れ「共有を変更(S)」をクリックする。ゲストによるアクセスを使わないとWindows側でアクセスするとパスワードを要求されアクセスできない、このパスワードはソフトウェアなどをインストール時に使うパスワードとは違います。


10 Ubuntu_ネットワーク共有
「自動的にアクセス権を付加する」をクリック。


11 Ubuntu_ネットワーク共有
ピクチャフォルダーのアイコンに矢印マークが入ります。

設定が終わったらWindowsからファイルを追加、削除が出来るか確認しよう。



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

【Ubuntu】コマンドやポップアップ等の特殊な状態でのスクリーンショット

2015/04/19 07:37

今まではスマホのカメラで操作過程を撮っていて、手の写り込みなど見苦しい所ありましたが。いよいよ「スクリーンショット」が使えるようになりました。Windowsは「PrintScreen」キーを押すと一旦クリップボードにコピーされペイントなどの画像編集ソフトに一度貼り付けてから画像として保存しますが。Ubuntu(Linux)は「PrintScreen」キーを押すとアプリケーションが起動し、ピクチャフォルダ保存されます。バシバシ撮ってブログに載せてやるかと思いついた矢先、不具合発生。
右クリックコマンドとかは「PrintScreen」キーでは撮ることが出来ないのだ。これではブログ記事書きづらいじゃないか!!

でも撮る方法はあります。他の人のブログはちゃんと右クリックコマンドやポップアップメッセージを載せているのだから。調べていくと、その様な時は「PrintScreen」キーを押すと押したことが無視されてしまうようだ。これを回避するには、コマンドによるタイマー撮影だ。

『コ、コマンド・・・』

始まっていきなりですか!?

Linuxを敬遠するのはこれなんですよ。今どきBIOSですらGUIだと言うのに何ゆえコマンド、わたしは英単語が大嫌いアレルギーがでそうだ。玄人のブログなどを覗くとかならずと言っていいほど書かれています。正直初心者には何かいてあるかなんて分からない。「CUIってなんか良い事あるのかな?」

コピペすればいいじゃないかと思うが、WindowsのコマンドプロンプトもUbuntuの端末も一々マウスで貼り付けなきゃ受け取ってくれないからいつもキーボードでやっていると変な違和感がいやなんです。でも今回は長いものに巻かれるしかありません。

【やり方】
まずは、端末がないと話しにならないので端末をだします。そもそもコマンドを入力する端末すらサイドのランチャーから外されGUI志向なのに結局使うのかと思いながら。Dashホームで「端末」と入力、「端末」が表示されるのでそれをクリックし起動します。

01 タイマースクリーンショット 端末

02 タイマースクリーンショット 端末

「ユーザー名@コンピュータの名前:~$ 」の所に四角のカーソルが出ています。そこに「sleep 5 ; gnome-screenshot」と入力します。

03 タイマースクリーンショット 端末

これは、 5秒後に「gnome-screenshot」のアプリケーションを起動しなさいと言う コマンドです。
「sleep 5」とは文字どうり5秒間寝ていなさいと言う意味「gnome-screenshot」はUbntuにデフォルトで入っているスクリーンショットのアプリケーション名になります。間の「;」は後に続ける文法なのか?調べても分かりません。ちなみにLinuxのコマンドは空白もちゃんと理解するようですので間違えるとエラーとなるようです。

02 Ubuntu_ネットワーク共有
これが撮れたところ本当はネットワークの設定を記事にしたかったんだけど辿り着けませんでした。・・・



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

Ubuntu 14_04LTSを使ってみる【4回目】

2015/04/12 11:37

前回の記事
Ubuntu 14_04LTSを使ってみる【3回目】

なんだかんだ。悩んでインストール完了しました。


・Ubnutuのインストール
駄目もとで、未割り当ての状態でのインストールを強行。もう元に戻れなさそうなので。

22 Ubuntu14_4 インストール
LiveUSBメモリからUbuntuを起動し、デスクトップに1つだけ張り付いている「Install Ubuntu 14.04 LTS」のアイコンをダブルクリック。


23 Ubuntu14_4 インストール
日本語を選択、続ける。


24 Ubuntu14_4 インストール
全てチェックを付け続ける。


25 Ubuntu14_4 インストール
「Windowsとは別にUbuntuをインストールする」と言う項目が無くなり前と少し表示が変わっています。なので自分でインストール場所を決めなければならないので「それ以外」を選択し、「続ける」をクリック。


26 Ubuntu14_4 インストール
インストールしたいUSBメモリを選択私の場合は「/dev/sdd」となります。(GPartedを使用したのでパーティションが無い状態です。)
次に、「新しいパーティションテーブル…」をクリックします。


27 Ubuntu14_4 インストール
注意が出ますが「続ける」をクリック。


28 Ubuntu14_4 インストール
新しいパーティションテーブルが完了ると「空き領域」ができます。そこをクリックし選択、次に「+」ボタンをクリックします。


29 Ubuntu14_4 インストール
すると、パーティションを作成する。ウインドウが表示されます。

サイズは、全部使用しました。
新しいパーティションのタイプ、1つしか作らないので基本パーティションになります。
新しいパーティションの場所、この領域の始点
利用方法は、ext4ジャーナリングファイルシステムにします。
マウントポイントは「/」ルートパーティションと言う意味です。
設定したら「OK」をクリック。


30 Ubuntu14_4 インストール
「/dev/sdd」のマウントポイントに「/」が入りルートパーティションになります。
次にブートローダをインストールするデバイスを「/dev/sdd」USBメモリにします。これを間違えるとWindowsが起動しなくなる可能性があるので良く確認します。
インストールのボタンをクリックします。


31 Ubuntu14_4 インストール
スワップパーティションを今回は作らずやっているのでメッセージが出ます。今回は実験もあり、度重なる失敗で戻る気になりません。このままインストールさせます。「続ける」をクリック。
正式にUbuntuが使えるOSだとなれば新たにインストールしなおしたいと思います。


32 Ubuntu14_4 インストール
暫く待つと、場所を聞いてきます。やっと出てきたこの画面「Tokyo」を確認して「続ける」。


33 Ubuntu14_4 インストール
キーボードレイアウト「日本語」、ASUS EeePC 901-Xは「日本語-日本語(かな)」になります。分からないときは「@」を入力し、ちゃんとキーボードの刻印どうり文字が出てくることを確認しよう。
「続ける」をクリックする。


34 Ubuntu14_4 インストール
自分の情報を入力して、「続ける」をクリックする。


35 Ubuntu14_4 インストール
コピーが始まり。待つ事1時間以上・・・


36 Ubuntu14_4 インストール
インストールが完了しました。


・無事にインストールできたかチェック

37 ブートテスト
PCの電源投入時そのままにして置くとWindowsXPが立ち上がり。


38 ブートテスト
ブートメニューで切り替えるとUbuntuが起動します。


・総評
Ubuntuは軽いと言われているが実際はどうなのだろうか、起動時間ブートドライブ選択画面で選択してからデスクトップが現れるまでの時間を計測しました。2回目のブートメニューは現れてから直ぐに「ENTER」で消した状態で1分5秒、元々SSDに入っているXPと比べると体感速度的にはかなりの遅さである。まだウイルス対策ソフトは導入してないからデスクトップが現れてもなかなか使えるまで時間が掛かるかは分からない。ブラウザはデフォルトのFirefoxだが立ち上がりに時間が掛かる、軽いと噂されるUbuntuのわりには劇的に速くなったとは言いがたい所、USBメモリ起動だからかもしれません、これがXPと入れ替わりSSDならどうなっただろうか?まだXPを完全に捨てる気持ちににはれないのでUbuntuをこれからどれだけ使ってやるかによります。

システムモニターで見てみました。
39 システムモニター

立ち上がって暫くしてからのアイドル状態、意外と余裕はあるようです。「う~ん、この遅さはUSBメモリの所為だと思う。」これから色々ソフト入れて常用できるか試してみようと思います。


「終わりよければ全て良し」としたいところ。予定より大分妥協が入り目的を果たせなかったが無事インストール完了しました。わたしにとってUbuntuは物好きで触れたことはあっても未開の地これからこの非力なEeePCとでうまくやっていけるのか?暫く見守っていこうと思います。

さて、次回は「ファイル共有の設定」をしたかったがブログの都合上、「スクリーンショット」の撮り方をやります。



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

Ubuntu 14_04LTSを使ってみる【3回目】

2015/04/09 12:35

前回の記事
Ubuntu 14_04LTSを使ってみる【2回目】

・USBメモリにパーティションを作成する
これってインストール時にやってくれないのかな?調べたサイトではどこもやっているのですが・・・。「Windowsで使用したものだからなのかNTFSが原因なのかな。」どうしてもインストールできませんでした。てなわけでUbuntuではおなじみの「GParted」を使用してUSBメモリにUbuntuインストール用のパーティション(ext4)を作りそのまま他のPCでも読めるように6GBぐらいNTFSの領域を作り、友達とのファイ交換用のメモリとしても使いたいのですがどうなることやら。


LiveUSBメモリのUbuntu14.4を起動して、GPartedでファイルシステムを変更する。

01 GParted使用
昔のUbuntuと違い左側に張り付いたランチャーが気に入りました。上にあったアプリケーションメニューから起動していた昔は使いにくかったな当時はそれが良かったんだろうがWindowsとMacを足して2で割った感があったデスクトップも洗練されたような気がします。
さて、このままでは「GParted」が何処にあるか分かりません。ランチャーの一番上にある「Dash」呼ばれる総合検索から呼び出します。LiveUSBメモリからだとまだ英語表示なので「Search your computer and online sources」となっていますね。


02 GParted使用
そのまま、Searchに入れればいいのですが。初めて使うのであれやこれや弄ってみる脇のFilter resultsを押すと絞込みのボタンが出てきますね。


03 GParted使用
本題に戻り、SearchにGPartedと入れますが、最初のGPだけで下に表示されてしまいます。これをダブルクリックで起動。


04 GParted使用
「GParted」を起動するとこんな風になります。表示されているのは、PCの一番上に繋がっているSSD(HDD)、Windows上から見たらCドライブになります。

私は、超初心者なので調べた解説入れてみます。(写真は他のより大きくなります)
①Partition
「/dev/sda1」とは、 先頭のdevは、デバイスと言う意味ですね。sdaはPCに繋がっている1番目のドライブになります。2台目が繋がっていれば「sdb」と表示されます。最後の数字はパーティションととなりパーティションが増えれば数字もその分増えます。

「unallocated」は、 未割り当ての部分。

「ビックリマーク」は、 調べたが良く分からない、今回の問題点の一つ。

②File System
NTFSやFAT32のファイルシステムの種類を表示します。
「Unknown」は、不明と言うこと。

③Size
ドライブの容量。

④Used
使用量。

⑤Unused
空き容量。

⑥Flags
聞き慣れないがパーティションフラグです。「boot」はPCを起動した時に、/dev/sda1から起動する設定になっている事です。
これを「GParted」は編集できますが今回はやらないので触れません。


05 GParted使用
今回は、ubuntuをインストールしたい場所がUSBメモリなのでを右上のディスクアイコンのところでUSBメモリを選びます。私の場合は「/dev/sdd」になります。


06 GParted使用
インストールしようとしているUSBメモリの詳細が表示されます。変わったところは「Mount Point」「Label」が追加されます。気になる所は「Partition」のところに「鍵マーク」が付いている事です。
「鍵マーク」は、システムがそのデバイスをマウントしていることになります。ようは今使っていると言うことになります。これを外す事をアンマウントと言います。
他にも鍵マークは、起動しているシステムそのものが入っているデバイスにも付くようです。これは言わずと知れていますが触っちゃいけませんよと言うロックの意味もあり「鍵マーク」なのです。


07 GParted使用
マウントしている状態では、パーティションを変更できません。変更したいパーティションを右クリックし、コマンドから「Unmount」(アンマウント)を選びます。
もしエラーが出た時は他のアプリケーションが使用していますので、アプリケーションを終了させてもう一度。

新規でUSBメモリともあり作業は気楽です。


08 GParted使用
アンマウントすると鍵マークも消えました。コマンドもほとんど使えるようになります。


09 GParted使用
USBメモリー内を完全に空っぽの状態にしたいのでコマンドの「Delete」でファイルシステムもパーティションも消してしまいます。


10 GParted使用
「unallocated」と表示され未割り当てになりました。


11 GParted使用
新しくパーティションを作りたいのでコマンドから「New」をクリック。


12 GParted使用
Crente new Partitionのウインドウが開く
①パーティション前方の空きサイズを指定します。
②パーティションのサイズです。
③パーティション後方の空きサイズを指定します。
④パーティションの種類をメニューから選択します。
⑤ファイルシステムをメニューから選択します。


この意味が分かっていれば少しは予定どうりにインストールできたはずなのだが・・・英語表示はいやです。


13 GParted使用
Windowsでも使えるUSBメモリにしたいのでUbuntuを入れるパーティションは8GB(8192Mib)とるので余った4859MibをNTFSで作りたい、作成に当たっての注意点はパーティションの手前をWindowsでも読み書きできるファイルフォーマットにすることだ。
と、言うことで最初に6907MibをNTFSで作り「Add」。


14 GParted使用
後から8192Mibのunallocatedのところに同じようにext4でパーティションを作りUbuntuを入れる領域を作る。


15 GParted使用
最後に、ここのアイコンを押して適用させるのですが・・・


16 GParted使用
このメッセージ「Are you sure you want to apply the pending operations?」が出てしまいunallocatedのところを編集できないのでした。その後色々弄ってみましたがどうも駄目でどうやら根本的なところが私は分かってないのかもしれない、英語表示と言うのも不利ですね殆ど読めないのでつい感覚でやってしまうからです。


17 GParted使用
と言うわけで、もう一度前に戻りパーティションを削除最初の方はちゃんとできるんだけど、2つになるとまた駄目、何度もやりました。


18 GParted使用
もう面倒なのでext4。1つでパーティションでやることにしました。しかし適応を押すと・・・


19 GParted使用
やはり、このメッセージ「Are you sure you want to apply the pending operations?」これを訳すると「あなたが保留中の操作を適用してもよろしいですか?」と言うことになるので「Apply」「適応する」。


20 GParted使用
こんどはこのエラーが「An error occurred while applying the operations」(操作の適用中にエラーが発生しました)これも数回繰り返し。

もういやになるわ・・・ 


21 GParted使用
その後、NTFSやFAT32でも同じことになるのがわかり、仕舞いにはunallocated未割り当ての所に「!」ビックリマークがでてしまい以後どんな操作も受け付けてくれないのでGpartedを終了させました。USBメモリが壊れたかと思いました。


失敗無くちゃんと、解説したかったのですが結果が非常に悪いですね。困りました・・・・(汗)

こうなったら、未割り当ての状態を利用してこのままUbuntuをインストールしてしまおう。それは次回のお楽しみ。



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

Ubuntu 14_04LTSを使ってみる【2回目】

2015/04/05 06:49

先週の続きです。主にインストール時の失敗談になります。読み物としてみて頂けると幸いです。

前回の記事
Ubuntu 14_04LTSを使ってみる【1回目】

・LiveUSBメモリで『EeePC 901-X』を起動インストール
ドライバ等は要らないと前情報があるのでいきなりインストールしてみます。
インストールには16GB USBメモリーを用意し持ち運べるようにします。元々入っているWindowsXPを傷つけないようにしたいと言うこともあります。

出来上がったUSBメモリを『EeePC 901-X』に差込み、電源オン起動ロゴが出たら「ESC」キーを押してブートメニューを呼び出し、Ubuntuを立ち上げる。
01 Ubuntu14_4LTSブートメニュー
今回はUSBメモリがインストール元とインストール先の2つ挿しているので前回作成した「LiveUSBメモリ」を選択「Enter」


02 Ubuntu14_4LTSブートメニュー
次のメニューは「Default」でいいのでそのまま「Enter」


03 Ubuntu14_4 インストール
04 Ubuntu14_4 インストール
サイドメニューが使いやすそうだ。デスクトップは10.4LTSとは大分様変わりしていますね。


05 Ubuntu14_4 インストール
デスクトップに1つだけ張り付いている「Install Ubuntu 14.04 LTS」のアイコンをダブルクリック、昔はインストールCDをドライブに入れるとLiveCDかInstallの選択をしてインストールを選ぶと「GParted」が立ち上がりHDDのパーティション作成をしましたが最近は一度LiveCDを立ち上げてからの方を薦めているようです。こちらの方がOSが立ち上がっているので安心感だけはありますね。やろうとしていることは変わらないけど。


06 Ubuntu14_4 インストール
日本語を選択して右下の「続ける」をクリックする。


07 Ubuntu14_4 インストール
「Ubuntuのインストール準備」、「インストール中にアップデートをダウンロードする」「サードパーティーのソフトウェアをインストールする」のチェックを外していますが他の人の参考にすると皆、付けています。私はつけないで行いましたインストールが済んだ後に影響が出たことでしょうよく読めばいいのに・・・そして「続ける」を押す。


08 Ubuntu14_4 インストール
「アンマウント」これが出てくると訳分からなくなってきます。「アンマウント」とは抜いたり、外したりする作業のこと外しちゃったら何も出来ないはずなのにパーティションの操作が出来るのだろうか? そもそも /dev/sdd はどこのディレクトリを指しているんだ。Windowsは壊したくない・・・ので「いいえ」を選択、失敗後思ったのだがこれ「はい」にしなければならないのではないのだろうか。その辺がWindowsの感覚とは違います。


09 Ubuntu14_4 インストール
「インストールの種類」はUSBメモリにインストールするため自分で選択するから「それ以外を選択」、「続ける」を押す。


10 Ubuntu14_4 インストール
インストールするUSBメモリを選択「/dev/sdd」前にアンマウントしなかった物だがこれを選択、無理なのはこのブログ書いている時にわかるがそのときは分かっていないのです。


11 Ubuntu14_4 インストール
パーティションを編集するのだけどこれでは駄目なのはやはり後からだった確かにNTFSのファイルシステムをUbuntuは読み書き出来るがOSのインストールは「ext4ジャーナリングファイルシステム」じゃないとインストール出来ないのだが。


12 Ubuntu14_4 インストール
NTFSファイルシステムで作ってしまう・・・。


13 Ubuntu14_4 インストール
「ブートローダをインストールするデバイス」は勿論USBメモリにこれを間違えるとWindowsが起動しなくなってしまうのでこれだけはうろ覚えでも覚えていました。(汗)


14 Ubuntu14_4 インストール
いや最初から間違いばかりなので駄目なの分かりましたよ。
じゃ、どうしようもう一方の手を使ってみる。アンマウントも調べてみよう。


15 Ubuntu14_4 インストール
仕切りなおし
怪しかったアンマウントこれはよく読んで「はい」を選択、デバイスが「/dev/sdd」から「/dev/sdc」間違って右往左往している内に原因は分からないが変わってしまいました。


16 Ubuntu14_4 インストール
今度は「UbuntuをMicrosoft Windows XP Home Editionとは別にインストール」を選択「続ける」をクリック。


17 Ubuntu14_4 インストール
ドライブの選択でUSBメモリを選択する。「インストール」ボタンをクリック。


18 Ubuntu14_4 インストール
こう聞いてきたので「続ける」をクリック。


19 Ubuntu14_4 インストール
「空き領域を利用できません」となってしまいます。他の方法を調べなければならないか。


とまあ、インストール出来なかったのです。幸いWindowsは無傷でしたがよく調べて理解してから始めるべきです。以前にやっていくから始まれば思い出すだろう、やる気のある早い段階で勢いに任せるのは良い事ですが。リスクもそれだけ大きい。一寸出直してきます。

次回は、インストールの前処理「GParted」の使い方を書きます。



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

Ubuntu 14_04LTSを使ってみる【1回目】

2015/03/29 08:18

Android のLiveCDを動かしてみて思ったのですがやはりPCにはPCのOSのほうが使い勝手がいい、共有一つにしてもそういうアプリがあるのかということから調べ先人達の知恵を借りながらまともにさせていくのが面倒だ。だったら、OSをUbuntuにしてしまえばいいじゃないか。どうせやることは同じ、他のPCと共有出来てtorrentが動けばOSはAndroidでもUbuntuでも良いのだから。

Ubuntuは、かなり久しぶりだ前に使ったのは10.4LTS、もう5年も経とうとしている。このブログ始めた当初少しだけ弄ってみたのですがドライバの不都合が多すぎて使用をやめてしまいました。そもそもドライバインストールのやり方が分からないのが問題。今回はドライバは入れる必要は無いのでUbuntuのインストールだけで済むはずだ。前よりは敷居が低いのでインストールしてみることにしました。
しかし、時のブランクは全てを忘れさせてくれていましたね。インストール出来ない・・・(笑)


Ubuntu14_04lts_desktop

・Ubuntuの入手
インストールするASUS『EeePC 901-X』はCPUにIntel Atom N270を使用しているためOSは64Bit非対応なので32bit版を選択しなければならない、Japanサイトで最新版の14.10はまだ32bitが無かったので一つ古い14.4LTSをDL。LTSとは確か5年間使えるロングバージョンです。

※配布サイト
Homepage | Ubuntu Japanese Team ( http://www.ubuntulinux.jp/ )

日本のサイトなので安心して読めます。ダウンロードしたファイルは「ubuntu-ja-14.04-desktop-i386.iso」です。一応リンク貼っておきます。(http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1404-ja-remix

・UNetbootinを使ってブータブルUSBメモリーの作成
また登場の、『UNetbootin』を使ってブータブルUSBメモリーの作成をしますがUbuntuの場合は使いやすくするため保存領域を作ることが出来るので画像はAndroid のを転用します。表示が違うところは打ち消し線で消してあります。UNetbootinのDLは前の記事読んでください。
http://daybreakforce.blog129.fc2.com/blog-entry-2104.html

・用意するもの
FAT32でフォーマットされたUSBメモリ、4GBもあればOK(NTFSで行うとブート時エラーが出て止まってしまいます)。

(1)「unetbootin-windows-608.exe」(608はVer.)をダブルクリックして起動。
LiveUSB01(Ubuntu)

①ディスクイメージにチェックを入れる。Ubuntuの場合は上のディストリビュージョンから選択しても可能ですが「日本語 Remix」バージョンなのでディスクイメージとなります。
②「...」のボタンをクリックして先にダウンロードした「ubuntu-ja-14.04-desktop-i386.iso」を開く。
③ここはLiveUSBメモリ上で設定してシャットダウンさせても次回起動時にその設定を残す領域になります。2GB(2048MB)もあればいいでしょう。
④USBメモリーのドライブレターを下のドライブ(v)で確認し問題なければ「OK」ボタンをクリックし作成が始まります。

(2)結構時間が掛かります。
LiveUSB02(Ubuntu)

(3)出来上がったら「終了」ボタンをクリック。
LiveUSB03(Ubuntu)

「今すぐ再起動」を押すとWindowsが再起動してしまうので注意しよう。
終了時「インストールが出来ません」とダイアログが出ますがこのパソコンはLiveCD(LiveUSBメモリ)を作成するだけなので無視しましょう。
これで出来上がり。出来たメモリは、正規の方法で抜いてください。



1回目はこの辺で締めさせてもらいます。2回はインストール失敗談です。

Ubuntu 14_04LTSを使ってみる【2回目】



このブログをみんなに知ってもらうには、遊びに来てくれる皆の力が必要です。ブログランキングにご協力お願いします。
アイコンを[Ctrl]を押しながら全部クリックして下さいませ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ壁紙へ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ 


この記事気にいった方は、ご面倒でも拍手ください。当方のやる気に直結しています。尚、今後の壁紙選択に役立たせてもらいます。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

Ubuntu10.4LTSを実際にインストールしてみた

2010/06/12 20:39

今日は、この間リリースされたUbuntu10.4LTSを実際にインストールしてみました。

テスト環境
CPU   AMD Athlon64Ⅹ2 3800+

M/B   GIGA-BYTE GA-K8N Pro-SLI

メモリ  3GB

ビデオ  玄人志向 RH3450-LE256H/HS
      GPU ATI Redeon HD3450

HDD   Maxtor DiamondMax Plus9
       ATA133
       80GB

と、スペックは4、5年前のPCです。一番使用しているメインPCになります。
もちろんHDDは実験用のHDDを使用しました。

インストールに使用したのは、Ubuntu Magzine Japan Vol.04に付録で付いていた
「日本語 Remix 32bit版」です。

Ubuntu Magazine Japan 04 表紙

BIOSの設定をCD-ROMブートにして、インストール開始。ちょっと前まで、触りにくそうな感じのしていたインストール風景がこのバージョンから一新されています。今までは最初メニュー選択から、インストールだのLiveCDで体験するとか選んでいたのに、いきなりLiveCDが起ち上がりそこからインストールアイコンをクリック、誰でも出来ます。後は7つの質問に答えるだけの簡単インストール、ビックリです。

雑誌で取り上げられている起動の速さは、前バージョンと変わらない気がしました。
これは同じ環境でテストしているので正確なはず。(体感速度です)

操作では、ウィンドゥの「閉じる」、「最大化」、「最小化」が右から左へ変わってしまったので、Windowsに慣れているので「ボタンが無い、あ反対に移ったんだ」って、間が発生します。

Screenshot

新しいパソコンを組んだら、Windowsから抜け出しUbuntuにするか迷う所まで来ています。
色々実験して見みようかと思いました。Windowsに出来てLinuxには出来ない事あるので良く遊んでみないと分からない。

まずは、移行にあたり最初の壁となる「文字コード」の違いから弄って見ようかと思います。
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

Ubuntu 10.04LTS デスクトップ版 日本語 Remix イメージ配布されています

2010/05/05 14:26

先日(4月30日)リリースされた「Ubuntu 10.04LTS」の日本語環境、予定通りゴールデンウィーク中に配布開始されました。
詳しくは、Ubuntu Japanese Teamのホームページより
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

Ubuntu 10.04LTSがリリース

2010/04/30 17:53

本日 Ubuntu 10.04LTSがリリースされました。

9.10はかなり良くできていたOSだと実際に使ってみて思いましたが、今度はどんな感じなのでしょう。最低でも1カ月は様子を見て試してみようと思います。
なにせLinuxは殆ど初心者同然なんですよ、運用はしているんですが、ファイルサーバーにしか使用していないのでますます覚えません。

次、に新しいPCを組む時は・・・と考えているんですけど、やっぱり Win7 になってしまうのかな?
「鉄は熱いうちに打て」のことわざのように、Linuxの雑誌を買って黙過、勉強中です。

Ubuntuの入手は
Ubuntu Japanese Team」からDLして下さい。
-注意-
現在ライブ環境での日本語サポートと、日本語追加パッケージを含む「Ubuntu 10.04 Desktop 日本語 Remix CD」(x86用32bitのみ)は、ゴールデンウィーク中にリリースの予定です。

ネットブック版、サーバー版、デスクトップ版(32bit版及び64bit版)は
Ubuntu.com」(英語ページ)の「Download Ubuntu」から入手可能(完全に日本語表示にはなりませんので、後で上記のJapanese Teamより「日本語追加パッケージ」をインストールする必要があります。)
Ubuntuトラックバック:0コメント:0

仮想自作PCパーツ研究所

このコーナーについて


メインPCをパワーアップさせたい CPU編 【エア自作4号機】

暫くやらなかった仮想自作PCパーツ研究所 3号機の作成【その1】

暁の繊月が考えるローコストゲーミングマシン 其の1【エア自作2号機】

安いパーツを集めてDQ10が動く環境を作ってみよう。其の1【エア自作1号機】

*CPU

メーカー:Intel
LGA1150 Core i7-4790K(Devil's Canyon 4.00GHz)

メーカー:Intel
LGA1150 Core i5-4690K(Devil's Canyon 3.50GHz)

このブログの関連記事
現在ありません

*マザーボード

メーカー:ASRock
Z97 Extreme4
フォームファクター:ATX

このブログの関連記事
現在ありません

*メインメモリ

メーカー:シー・エフ・デー(CFD)
240pin PC3-12800(DDR3-1600) DDR3 8GB(4GB x 2枚組) W3U1600HQ-4G

このブログの関連記事
RAMディスク(RAM Disk)
2つ買って16GBにするのも良いですね。

*ビデオカード

メーカー:ASUS
GPU:GeForce GTX 970
STRIX-GTX970-DC2OC-4GD5

このブログの関連記事
今はありません

*起動用SSD

メーカー:Samsung
MZ-75E120B/IT
2.5inch内蔵型 SATA6Gbps 120GB

このブログの関連記事
今はありません

*データ用HDD

メーカー:WESTERN DIGITAL
3.5インチ 内蔵型 SATA3.0 3TB WD30EZRX-1TBP/N

メーカー:WESTERN DIGITAL
3.5インチ 内蔵型 SATA3.0 2TB WD20EZRX/N

このブログの関連記事
3TBのHDDを使用するには

*電源ユニット

メーカー:玄人志向
定格出力 500W 80 PLUS PLATINUM
KRPW-PT500W/92+ REV2.0

このブログの関連記事
電源ユニット 選び方

お勧め商品

Music

アニソンメインです

every■ing!
カラフルストーリー<レーカン! 盤>



ノイタミナ FAN BEST(Blu-ray Disc付)



Trident
Blue Snow



田村ゆかり
好きだって言えなくて



井口裕香
「Hey World」<アニメ盤> CD+DVD (2枚組) TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」オープニングテーマ



Kalafina
ring your bell(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

検索フォーム

RSSリンクの表示

Copyright(C) 2006 そんなの、俺の勝手でしょ ~壁紙と自作PCパーツの部屋~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.